投資信託「結い2101」のご案内

『結2101』への想い

『結い 2101』には、次なる世紀“2101年”に向けて、人と人、世代と世代“結ぶ”豊かな社会を、
皆さまと共に創造したいという想いが込められています。

“結い”という言葉には、人と人が信頼し合い、共に何かを創造する共創の意味があり、その心(思想)を表しています。
日本やアジア諸国では、多大な費用や労力が必要とされた田植えや茅葺きなどの作業を、
人々が助け合い協力し合って行うなど、“結い”の文化が伝統として受け継がれてきました。
今でも、合掌造りを守る白川郷や沖縄の「ゆいまーる」などには、生活を支える“結い”の慣習が残っています。
鎌倉由比が浜や静岡由比海岸の地名も“結い”が語源と言われるように“結い”は、とても身近なものでした。

しかし、人と社会や地域のつながりが薄れる現代、その心が忘れられつつあると言われています。
だからこそ、私たちは身近にある“結い”の言葉の価値を見つめ直し、
人が善く生きるための大切な想いとして、後世に伝えていきたいのです。

『結い 2101』は、これからの社会にほんとうに必要とされる会社
皆さまがファンとなって応援したくなるようないい会社に投資する投資信託です。

投資信託には、皆でお金を持ち寄り合うことで、一人では買えないような会社や、
信頼し共感できる運用者が厳選する会社の株式を保有できるという良さがあります。
また、木の切り株に由来する“株”式本来の意味に立ち返ることで、
「株分け」した会社の価値を分かち合い、たいせつに育んでいくワクワクする期待感が持てます。

そうして、お客さまの大切なお金が、社会の水脈となり、豊かな社会や本当の価値を醸成する・・・
こうした調和の上に成り立つ社会の発展とお客さまのお金の成長循環を、心で感じていただけたら幸いです。

鎌倉投信は、『結い 2101』を通じて拡がる皆さまとの「」に心より感謝しながら、
お客さまの大切なお金と想いを、‘まごころ’を持ってお預かりします。
そして、“結い”を心で感じていただける「」でありたいと願っています。

鎌倉投信の投資哲学

「投資は“まごころ”であり、金融は“まごころの循環”である」

投資とは、本来株価を追うものではありません。
短期的な株価の値動きで利ザヤを稼ぐ投機とは一線を画すものです。

鎌倉投信が考える投資とは、投資する先の会社が行う事業やその会社に関わる
様々な人によって創造されるほんものの価値豊かさを蓄えて行くものです。

そして、これからの社会に本当に必要とされる価値を創造する会社を見極める眼力
価値を創造する会社の事業を長きにわたって支えようとする想いが“まごころ”です。

価値を創造する会社の事業を支える投資家が、株価の上げ下げではなく、
その会社が行う事業の価値を見極め、価値観信頼で繋がったお金の循環を創ることができれば、
より社会は豊かになり、結果として得られる投資の果実もより良いものになると考えます。

投資の果実とは

投資の果実=資産形成×社会形成×豊かなこころの形成

投資によって得られる果実は、株価や配当、基準価額といった数値上の結果だけではありません。

投資家の資産形成を図ることは、投資の果実の重要な要素の一つです。しかし、鎌倉投信は、
投資というものをもう少し俯瞰的に見た時、「投資の果実」の概念はもう少し大きなものになると考えています。

投資する先の会社が行う事業、その事業やそこに関わる人によって創造される「社会形成」や、
価値を創造する会社と関わることによって得られる投資家の「こころの満足度」もまた、大切な要素だと思うのです。

投資の果実を、投資家の「資産形成」、「社会形成」、投資家の「こころの満足度」が
掛け合わさったものとして捉えたら、投資の社会的意義やお金の価値は更に高まると考えています。

いい会社とは

“結い 2101”は、投資家の長期的な資産形成と社会の持続的発展に貢献するために、
社会との調和の上に発展する「いい会社」の株式に投資いたします。
鎌倉投信が考える「いい会社」とは、次のような会社です。
  • これからの日本に必要とされる企業
  • 社員とその家族、取引先、顧客・消費者、地域社会、自然・環境、株主等を大切にし、
    持続的で豊かな社会を醸成できる企業
  • 『 人 』・・・人財を活かせる企業
  • 『共生』・・・循環型社会を創る企業
  • 『 匠 』・・・日本の匠な技術・優れた企業文化を持ち、また感動的なサービスを提供する企業

共創経営・オンリーワン経営

投資信託説明書(目論見書)
投資信託説明書である、所謂、目論見書には、『投資家に必ず交付しなければならない目論見書(交付目論見書)』と『投資家からの請求があったときに交付する目論見書(請求目論見書)』の2種類があります。

交付目論見書
交付目論見書には、ファンドの基本情報、運用の内容、投資リスク、申込み手続きの概要、
ファンドにかかる信託報酬などの費用、信託約款の主要な内容など、
投資家がファンドを購入するにあたって必要と考えられる重要な情報が記載されています。
資料請求をされたお客様には、他資料とともに郵送させて頂いています。
ダウンロードはこちらからご利用頂けます→投資信託説明書(交付目論見書)

請求目論見書
請求目論見書には、ファンドの沿革や経理状況など有価証券届出書と概ね同様となる詳細な
情報、および信託約款の全文が掲載されています。
ご覧になりたいお客様は、本HPで閲覧、ダウンロードすることもできますし、
ご請求いただいた場合には、郵送させて頂いています。
ダウンロードはこちらからご利用頂けます→投資信託説明書(請求目論見書)