いい会社訪問~西粟倉・100年の森ツアー (鎌倉倶楽部)

百年生の杉の人工林です。

百年生の杉の人工林です。

先日ブログでも紹介しましたが、9月8日(土)9日(日)に「いい会社訪問」を開催しました。

今回は、鎌倉投信が一番最初に開催した「いい会社訪問」である、
 「西粟倉・100年の森ツアー」
の第二回目です。

ちょっと怪しげな雲ゆきの大原駅でしたが、お申込みいただいた皆様22名全員が集まってくださいました。

バスガイドの牧社長はマイクを離しません・・・

バスガイドの牧社長はマイクを離しません・・・

早速バスに乗り込み、いつものようにバスガイドもできる
ファンドマネージャー新井の登場!!
となるはずが…、
西粟倉・森の学校の牧社長自らがマイクを握り、
バスガイドをかってでてくれました。

新井さん、ちょっと拍子抜けです。

牧社長の丁寧な説明~

牧社長の丁寧な説明~

まず、美作森林組合の土場を見学です。

ここは木材の集積場。

大きな丸太が積み上げられています。

Nishiawakura201209-4それを従業員の方がどんどんトラックに積み込んでいきます。

ちょっと陽が出てきたので、暑かったです~。

Nishiawakura201209-5そして、ニシアワー製作所の見学です。
こちらは西粟倉村から産出される木材や、森林の手入れから生じる間伐材から、
床板や壁板などの内装材を製造しています。

そして、ワリバシ量産製造ラインも見せていただきました。
木材が綺麗にカットされていき、ワリバシカンパニーの割箸が出来上がります。

Nishiawakura201209-6牧社長や従業員の方々から説明を受け、あっという間に次の移動時間になってしまいました。

Nishiawakura201209-71日目最後の見学は、百年生の杉の人工林ですが、その前に森の学校に立ち寄りました。
ほんのわずかの時間でしたが、ほっこりするような温かい空間です。
そして、そこで働く皆さんの素敵な笑顔。
なんだかすっかり和んでしまいました。

Nishiawakura201209-8そして、百年生の杉の人工林を見学しました。
人の手によって造られた人工林は植えたままでは自然淘汰が進まず、成長できないそうです。
そのため人が枝打ち・間伐をし、林の中に光を通します。
すると、下草が生えて木々も成長し、元気な森林に生まれ変わります。
残念ながら、曇空のため林の中の光を見ることはできませんでしたが、足元はふかふかで緑の絨毯のようでした。
マイナスイオンをたっぷり吸収し、素敵な時を過ごしました。
1日目の予定が終了し、宿へ向かいました。

Nishiawakura201209-9宿泊場所は「季譜の里」。
なんとリニューアルオープン初日で、木工房「ようび」で製作された作品が
あちこちに置かれています。

すわり心地の良い椅子たち。

ずっと触っていたくなるようなテーブル。

Nishiawakura201209-10おまけに「ようび」の大島社長と奥様の大島店長にご挨拶をすることもできました。

その後、大島社長は私たちの宴会に参加してくださることになったのです。

皆さん温泉に入られてちょっと一息。

その後いよいよ宴会です…。

Nishiawakura201209-11お料理は松茸づくし。
そして千屋牛も出てき ました。
「ようび」の大島社長、「トビムシ」の竹本社長のお話で、皆さん大変盛り上がり、あっという間の2時間でした。
その後は幹事部屋で2次会です。

12時近くまで皆さん話に花が咲きました。

Nishiawakura201209-122日目、出発しようとしたら、雨が降ってきました。
とりあえず、若杉原生林まで行ってみることにしました。
現地に着いた頃はちょっと雲が重い感じでしたが、幸い雨も上がり、散策に出発しました。
1時間ほど歩くと峠です。
皆さん無事に到着されました。
この散策中も牧社長が、とても楽しく説明をしてくださっています。
たとえが面白いので皆さんとても楽しそうでした。

Nishiawakura201209-132日目のランチは、森の学校で、皆さんお待ちかねの天然鰻です。

実は8月に鰻があまり獲れなかったらしく、鰻が足りないかも???と牧社長自ら川へ獲りに行ってくれたのです。

1日目、私たちを宿まで送ってくださったあと夜中と早朝に鰻獲りに行ってくださいました。

Nishiawakura201209-14収穫は…天然鰻一匹とスッポンです。
おかげで私たちはおいしく天然鰻をいただくことができました。
そして旬の野菜を使ったお料理や鹿肉のロースト。
どれも、み~んな、おいしかったです。
森の学校の皆様、本当にありがとうございました。
どのお料理もすっかりなくなっていました。

Nishiawakura201209-15森の学校にはショップもあります。

木工製品はもちろん、地域の皆さんが作ってくださった

西粟倉のお米や、ゆず味噌とかネギ味噌や

ジャム、コーヒーと、いろいろありました。

Nishiawakura201209-16最後に1日目に私たちに楽しいお話を聞かせてくださり、素晴らしい作品に触れ合わせてくださった大島さんの工房に行くことにしました。
日曜日なのにお仕事されていました。
私たちのリクエストにこたえ、鉋(かんな)かけの実技をみせてくださいました。
大島社長は、木のことを話し始めると止まらない様子です。

Nishiawakura201209-17あっという間に時が過ぎ、西粟倉をそろそろ出発しなくては…という頃、やっと集合写真を撮りました。
なんだか皆さんとっても良い表情です。
ご満足いただけたかどうか、感想を聞きそびれてしまいましたが、参加者の皆様、是非ご意見などお寄せください。
また、「いい会社訪問」を開催しますので、よろしくお願いします。
参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。