21世紀の経営指標に関する研究

今日、投資先の会社の社長さんがお見えになりました。
今まで何度もお会いしているのですが、社長さん単独でじっくり2時間お話する機会はそうないのでとても貴重な時間になりました。

ご来訪の目的は二つ。

一つは、2010年以降の時代がどう変わっていくか?という答えのない議論をすること。そして、もう一つは、最近の業績と今後の経営方針についての報告でした。

後段については、通常IR担当者の仕事ですが、担当任せにせず社長自らが単身でお越しになってご説明されるという姿勢に感銘いたしました。

今はどんなに優れた経営者でも先を見通しにくい時代です。
まっとうな経営者であればあるほど、予見できない多種多様なリスクが顕在化し得るという前提の中で、これからの経営の在り方を謙虚に探し続け、経営判断のシミュレーションを欠かしません。

そうした経営者に対しては、時として外部だから言える厳しい意見が必要です。そして、それを受け入れるオープンマインドな経営者も実は結構多いと感じています。

この会社は、オイルショック、円高不況、バブル崩壊、金融危機、リーマンショック等、困難に直面するたびに一段づつステージを上げてきました。変化に対して、考え抜き、実行する力のある会社です。

「時代の潜在的なニーズを形にするのが会社の役割。それがなければ存在する意味がない。」 困難な状況の中でも常にフロンティアを目指す社長の言葉が印象的でした。

こことは、「21世紀の経営指標に関する研究」をスタートしました。

詳細はまたの機会に触れますが、こうした取り組みを通じて投資先の会社の存在価値、企業価値を高めることに貢献する、これも鎌倉投信流の関わり方です。


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。