神は細部に宿る その4 古民家物語後篇

そのお応えはこうでした。

まずは、「自分の家のつもりで仕事をする」のだそうです。

住む人の気持ちになって仕事をする、このことを親方から散々に叩き込まれたとおっしゃってました。

次に、家やお金の「大小で仕事に色をつけない」ことだそうです。

まさに今回のタイトル「神は細部に宿る」です。つまり小さな仕事、些細な仕事を一生懸命できる人は大きな仕事もできるというのです。大きな仕事は小さな仕事の積み重ねだからねと、笑顔でおっしゃってました。

そして、一つ一つ「粘り強くこつこつとやること」

瓦や屋根、家の周りの自然環境を考えながら仕事をするためには、急いではだめなのだそうです。当然と言えば当然ですが、現実にはなかなかできることではありません。

工期や予算がある中で手を抜こうと思えばいかようにでもなるのです。しかし、プロというのは、誰が見ていようが見ていまいが決して手を抜くことはないのです。

「土台が大切である」

瓦も瓦だけで活かせるものではない。やはり瓦を載せる土台やハリが大切なのだそうです。そうしないと10年、20年たった時に具合が悪くなるのだそうです。

「時として遠くから眺める」

屋根に瓦を載せるにも調和やバランスが大切なのだそうです。調和やバランスは近くからでは分かりません。屋根を降り遠くから眺めることで見えない物が見えてくるようです。当時、職人さんが家から離れて屋根を眺める姿を何度も見かけたのを思い出します。

職人さんがお話になったこの五つのことは、事業経営の本質を突いていると思い感嘆しました。
小さいことを何十年も厭わずにこつこつと積み上げてこられた方の言葉には嘘が無く説得力がありました。とても有難い勉強をさせていただきました。


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。