受益者数が2000を超えました!

先日、「結い 2101」の受益者数が2000名を超えました。
厳しい環境の中で、着実にお客様の層が拡がりとても嬉しく思っています。本当にありがとうございます!

説明会に来て下さるお客様も増えています。
以前は、平日開催の説明会ともなると、お客様がたった1名という貸切セミナーもありましたが、最近はそういうことはありません。
(参加者がお1人であっても、100人であっても、話す内容は同じですが。。。)

先日は、わざわざ札幌や仙台からも鎌倉までもお越しになりました。
本当に有り難いことです。

後日、仙台からお越しになったお客さまから頂いたメールには、遠路鎌倉までお越しになった理由がこう記されていました。
「HPや人からの評判ではなく、実際に自分の目で見たものを信じたかったのです。」
とてもにこやかな表情をした若い女性でしたが、しっかりとした芯をお持ちでした。

世の中は、色々な情報にあふれています。
しかし、「真実」は、自分の五感で確かめるという姿勢には関心しました。
「投資における最大のリスクは、自分が何に投資をしているかが分からないことである」
このお客様には、そうした説明をする必要は全くなさそうです。

また、メールは、こう続いていました。
「私のような小さい人間が言うのもおこがましいですが、日本のいい会社が育てば、地域に雇用が生まれ、いいサービスが市場に普及し、経済が循環し、今よりもっと生きやすい社会になるのでは、と期待しているし、そうなってほしいのです。」

素晴らしいと思いました。ただ、人間には、大きいも小さいもありません。一人ひとりは、誰でも、働き方、生き方、お金の使い方において、社会をより良くする力を持っています。確かに一人で大きなことをやるのは大変ですが、自分にもできる身近で小さなことから始めればいいと思っています。その小さなことを多くの人が始めれば、大きな輪になるのですから。

この方の大切なお金を預かるということは、こうした想いを預かることでもあります。
「大切に運用しなくては」と気持を新たにしました。

また、鎌倉にお越し下さい。ありがとうございました!


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。