こころあたたまる新聞 [みやざき中央新聞]

世のなかには微笑ましいことや感動的なことが沢山ある。それなのに、どうして新聞に書かれる記事はこうも悲観的なものが多いのだろうといつも思う。
ところが、心温まる記事しか掲載しない珍しい新聞がある。「みやざき中央新聞」だ。
毎週月曜日 月四回発行される記事を読むのをとても楽しみにしている。
今回の社説(2月13日号)「言葉が人生をつくっていく」を読んで、いつもながら胸打たれる。そして、思わず涙腺が緩む。
見ず知らずの人の一言で人は傷つき、そして、見ず知らずの人の一言で人は勇気付けられる。
自分の発する言葉はいったいどっちだろう?後者でありたいと思った。

みやざき中央新聞 一か月お試し購読できます。ぜひ一度ご覧ください。

(なお、この記事は転載許可をいただいて掲載しています)
KamataBlog20120218


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。