お金の勉強会 ~投資哲学を学ぶ~

img今日の鎌倉は、雨もあがり秋らしい心地よい青空が拡がりました。雨あがりの澄んだ庭先に咲く石蕗(ツワブキ)の花が今日は一際鮮やかでした。

今日は、午後から、お一人の受益者の方が主催する「お金に係る勉強会」が鎌倉投信であり、20名くらいの個人投資家の方々がご来社されました。こうした「お金に係る勉強会」は、今回で5回目になるといいます。休日返上で熱心に勉強される方々が多いことに感心しました。そして、金融機関でもなければフィナンシャル・プランナーでもない一人の個人投資家の方が、こうしてお金に係る学びの輪を広げって下さっていることを、とても嬉しく思いました。

今日は、「運用会社の投資哲学を学ぶ」というお題を頂戴し、鎌倉投信の投資哲学「投資はまごころであり 金融とはまごころの循環である」について、2時間じっくりとお話をさせて頂きました。

投資哲学を学ぶ・・・これは、とてもいい題だと思いました。
「投資哲学」といえば、会社でいう「経営理念」のようなものですので、運用会社が最も大切にすべきものといってもいいでしょう。しかし、投資哲学が曖昧な、もっといえば存在すらしない運用会社においては、優れた運用商品や、長く存続することが出来ない(少なくとも私が資産運用業界に身を置いた25年間の中ではそうでした)にも拘らず、この世において、自らの投資哲学を標榜し、それを堅持している運用会社は極めて少ないのが現実なのです。

そういう意味では、投資哲学をしっかりと語れる運用会社かどうかを観るだけでも、十分な投資判断基準になると思うのです。是非、投資家の皆さんも、投資信託等を購入する際に、その運用会社の投資哲学を確認してみてください。きっと結果が変わってくるはずです。


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。