出版記念講演会 (かとう)

昨日、7月9日。
『21世紀をつくる 人を幸せにする会社』出版記念講演会が開催されました。
会場は満席!! 82名もの方々に来ていただき大盛況でした。
運用責任者の新井さんと社員3名も講演会に行きました。

いつもの穏やかな空気の鎌田さん・・・

いつもの穏やかな空気の鎌田さん・・・

この書籍では、法政大学大学院・坂本研究室と鎌倉投信の「価値ある企業の指標の策定に関わる共同研究会(略称:価値研)」が、全国の企業4500社への膨大な数のアンケート調査、現地ヒヤリング調査をもとに抽出した「好業績の中小企業に見られる共通の要素」が紹介されています。
私は、坂本先生の講演を聴かせていただくのは初めてですが、坂本先生が訪問された「いい会社」が紹介され、「経営の目的は人を幸せにすること」を熱く語られました。
自ら足を運び、ご自身の目で見極めた「いい会社」が日本にはまだまだたくさんあるのだと感動しました。
私がかつて働いていた企業は、坂本先生がおっしゃる「いい会社」とは真逆の会社でした。その時のことを思い出し、ちょっと涙腺が緩んでしまいました。
でも、先の見えない今の日本でも素敵な企業があるということは私たちにとっても嬉しいことです。

坂本先生の熱いお話が…

坂本先生の熱いお話が…

会場は満員!! 本当に感謝です。

会場は満員!! 本当に感謝です。

続いて、鎌倉投信社長・鎌田の講演です…
私たち社員は鎌田さんの講演で語られるエピソードについては何度か聴いています。
そして鎌田さんの志も私たちはいつも聞かされています。
だからまったく新しいことを聞いているわけではないのですが、不覚にも涙がこぼれ落ちてしまいました。
すでに坂本先生のお話で涙腺が緩んでいたこともありますが、この本の原稿を書いていた時の鎌田さんを思い出してしまったからです。

対談も行われました。

対談も行われました。

鎌田さんは、日中は鎌倉投信のお客様や私たち社員のために社長としていつも頑張って仕事をしています。そんな中で、この原稿は何日も徹夜をして書きあげられたものなのです。坂本先生、この調査に携わった新井さんや価値研の皆さん…いろんな方の想いを背負って原稿を書いていたようです。その時のことが急に思い出されました。

たくさんの受益者の皆さんが出版記念講演会に来てくださいました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。「よかったですね~、鎌田さん、新井さん」と言葉を掛けたいと思います。


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。