鶴岡厄除大祭 (かとう)

赤い提灯!

赤い提灯!


朝の段葛♪

朝の段葛♪

松の内も明け、段葛の提灯が付け替えられました。(段葛ネタばかりで、すみません…)

鶴岡八幡宮では毎年節分前の土日を含む三日間、「鶴岡厄除大祭」が行われています。
厄除大祭に向け、提灯が付け替えられました。

夜はこんな感じ

夜はこんな感じ

奥には本宮が見えます。

奥には本宮が見えます。

通常は本宮でご祈祷が行われていますが、「厄除大祭」は舞殿で執り行われます。期間中の初日に「厄除大祭」が執行された後、「厄除大祈祷」が行われます。

以前、主人が大厄の時、ご祈祷していただきました。初日の初回に間に合うよう、当日は早めに行きました。外で行われるので寒かったです…が、厳粛な雰囲気でなかなか良かったです。

厄除札です。

厄除札です。

初めに舞殿で神職による特別な厄除祈願の祝詞が奏上されます。そして、大神様の恩頼(みたまのふゆ)をお頒かちする金幣神事、巫女による神楽舞が奉納されます。厄除札は左右両方に名前を書き、真中から割り、厄難焼納札(やくやきふだ)を舞殿西庭において焼納し、片方の開運招福を守札としていただきます。破魔矢、お神酒、厄除大福をいただいて終了でした。

今年は1月27日(金)から1月29日(日)の三日間執り行われます。


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。