今年一年 本当にありがとうございました。


毎週発行しているメールマガジンの内容をブログ形式で発信しています。
お楽しみください。

写真

皆様、こんにちは。鎌倉投信の鎌田恭幸です。


街中の装いは、クリスマスから新年を迎える準備へと変わり、過ぎゆく時の早さを感じます。
「結い 2101」は、今年新たなお客様が約2,000名増えて約18,000口座に、純資産総額は約80億円増えて約330億円になりました。緩やかながらも着実に歩むことができたのは、お客様、取引先や投資先の会社の皆様、変わることなく支援いただいた当社の株主の皆様のお陰です。役職員一同、心より感謝します。


この一年の投資環境を振返ると、日経平均株価が26年ぶりに23,000円を回復する等、経済や金融市場は比較的好調に推移しました。その一方で、絶え間ない紛争やテロ、威嚇等、国家、民族、宗教間の対立も目立ちました。そうした背景から、国家のリーダーによる暴力的な言葉がこれほど日常的に飛び交った年はない、と感じます。


「言葉」は、人類が生み出した最大の発明の一つでしょう。しかし一方で、「言葉」によって人は悩みや苦しみを感じ、「言葉」は時として紛争にまで発展させる武器にもなりえます。一見無関係のようですが、私たちが日頃から「いい言葉」をたくさん使うことも、微力ながら平和の一歩につながるのではないでしょうか。ありがとう、おかげさま、おたがいさま… 一例ですがこの素敵な響きを持つ日本の言葉を、身近な人にたくさん届けたいものです。


さて、鎌倉投信は、来年11月で設立十周年を迎えます。皆様のお陰で創業の厳しい時期を乗越え、発展に向けこれからが本番です。来年も、「投資家の資産形成と社会の持続的な発展」「投資家の皆様にまごころで感じる価値を届ける」という当社ビジョンに向け、役職員一同 一所懸命取組みますので、ご指導のほど、宜しくお願いします。


そして、私自身は、鎌倉投信の社長として、『鎌倉投信そのものを「いい会社」にしていきたい』、と想いを新たにしています。会社の存在目的は、会社に関わる全ての人の幸福の追求にあります。私は、鎌倉投信の全ての取り組みを、ここに集った社員一人ひとりが安心して生活をし、笑顔に溢れ、感謝する心を持って助け合い、仕事を通じて関わる人に喜びを与え、調和と秩序ある社会の発展、平和に貢献するものにしたいと願っています。このような会社を役職員と共につくり、永続させるために、全力を尽くします。


今年一年、本当にありがとうございました。どうぞよい年をお迎えください。


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。