エフピコ

株式会社エフピコ (広島県)

  • 社員を大切に
  • 技術力
  • 人財の多様性
". get_the_title() ."

障碍者がメインストリームで働く会社

食品トレイを製造するエフピコ。

環境を考え、回収したリサイクルからの原料で既に半分を生産しているのは、エフピコだけです。この会社では障碍者が周辺業務ではなく、リサイクル工場のメインストリームで働いています。障碍者の生産性が落ちれば、それは業績に直結します。障碍者雇用が他との大きな差別化戦略となっています。

2011年8月26日、2013年3月13日お客様と「いい会社訪問」を実施しました!
高い障碍者雇用率
同社の障碍者雇用率は、数ある上場企業のなかでトップクラスの約15%。法定雇用率の2%を上回ることが大変と言う企業もある中、素晴らしい雇用率を誇っています。
メインストリームでの雇用
障碍者雇用率が高い理由は、障碍者がメインストリームで働いているためといえます。通常の会社では、遅延があっても大丈夫なよう、本業が滞らない程度の周辺業務に従事させられてしまうのが現状です。しかし、エフピコでは、リサイクル工場(選別工場を含む)の作業員のほとんどが障碍者。まさに、形式的な雇用ではなく、明らかな戦力としての雇用を行っています。

cf-fpco-eye

回収システムと再製技術
国内での食品トレーリサイクル使用率が約17%の中で、エフピコの国内マーケットシェアは約34%、リサイクル率は約50%です。「あれ?」と思われた方もいるのではないでしょうか。34%×50%=17%と、計算が一致してしまいます。そうです。食品トレーを食品トレーにリサイクルできている会社は、エフピコしかないのです。エフピコの回収システムと再製技術がなければ、採算がとれなくなってしまうため、他社はなかなか追随できません。
工場設立とリサイクルの加速
エフピコではリサイクルを加速させています。リサイクル工場では9割以上が障碍を持った社員です。契約社員ではなく、一般の社員なのです。食品トレーなどの回収は、非常にかさばるため、結果として輸送コストが増えてしまいます。そこで、コスト増大を防ぐためには、各地域にリサイクル工場を設立する必要があるのです。こうして各地域での障碍者雇用が進み、相互発展のかたちが生まれます。
エフピコのリサイクル工程

エフピコのリサイクル工程

加工技術の進化向上
エフピコの加工技術は年々進化を遂げています。コスト削減に直結する薄い容器の製造は、環境を大切にする消費者にも望まれていること。環境負荷を考えると、プラスティックの容器は薄ければ薄い方が良いはずです。食品トレーマーケットは、今後大きく拡大していくようなものではありませんが、エフピコには他社にない競争力が備わっています。
鎌倉投信の視点
鎌倉投信が着目したのは、テーマ「人」。そして「共生」。
エフピコは、障碍者雇用そのものを戦略として位置付けています。その障碍者雇用をけん引しているのは、エフピコの特例子会社社長の且田社長です。以前は養護学校の教諭をしていて、小松会長との出会いをきっかけに事業をスタートした方。障碍者を見る目は、まさしく先生の眼差し。障碍者の何が甘えで、何が障碍なのかを的確に捉えています。「仕事の能力と私生活の能力は別。私生活がろくにできなくても、仕事はできる。」本物の言葉です。着目した点がもう一つあります。それは、テーマ「共生」にかかわるエコ。食品トレーに対しては、エネルギーの無駄遣いという批判があるかもしれません。しかし、お弁当箱を持参してコンビニ弁当を買う発想が現実的でない今、リサイクルを行っているエフピコのマーケットシェアの拡大が、結果として、新しく利用する資源を節約する手段といっても過言ではないはずです。
エフピコの小松会長と特例子会社の且田社長

エフピコの小松会長と特例子会社の且田社長

株式会社エフピコ
創業1962年、食品トレー・弁当容器製造販売最大手。本社は広島県。東京一部上場。

http://www.fpco.jp/

エフピコの本社入り口

エフピコの本社入り口


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。