日本環境設計

共生 日本環境設計株式会社 (東京都)

  • 技術力
  • 市場創造
  • 循環型社会創造
". get_the_title() ."

ゴミの山を宝の山に変える、いい会社

日本環境設計株式会社は衣類やプラスチック製品等をリサイクルする仕組みづくりを行っている会社です。使い古した衣類からバイオエタノールを作る「FUKU-FUKUプロジェクト」や、NTTドコモの携帯電話回収等サポートを行ってきました。これらの事業に加え、新しいリサイクル技術開発も行っています。

ゴミを資源に変える技術
地球にあるモノは有機物と無機物に分けられます。金、銀、銅などの無機物のゴミはリサイクルが進んでいますが、衣類、プラスチックなどの有機物のゴミはリサイクルが進んでいないのが現状です。年間に家庭からでるゴミは約四千五百万トンともいわれています。あくまで推計値ですが、日本環境設計の仕組みを使えば、この有機物のゴミから千百万トンのエタノールをつくることができます。そしてこのエタノールを使うことで、国内で使っているプラスチック全てを賄うことができます。つまりは国内で排出される家庭のゴミだけで、輸入に頼らずプラスチックをつくることが可能になるということです。また、リサイクルによって生み出されるエタノールの価格は市場価格よりも安くできるとのこと。環境に優しいだけではなく経済的にもやさしい、そんな仕組みを開発しています。

cf-jeplan-01

リサイクルのための文化づくり
日本環境設計さんの特徴は、消費者参加型の回収の仕組みもあわせて用意しているところです。大手スーパーや、幼稚園などに回収拠点を設置しています。消費者は、不要になった衣類やプラスチック製品を回収拠点に設置してある回収ボックスに持っていくだけです。回収拠点が身近にあることで、消費者がリサイクルに参加しやすい仕組みを用意しています。今年度、環境省との回収実証(PLA-PLUSプロジェクト)では、130企業・団体、約6百店舗の協力のもと、おこないます。 岩元社長は「リサイクルが社会に根付くには、技術だけでなく文化づくりが大切」といいます。リサイクル活動が社会に根付くよう、次の世代育成に力をいれ、幼稚園に出向いてリサイクルの大切さを講演するといった活動もしています。
身近なスーパー等の回収拠点(写真左)で、不要になったプラスチック製品等(写真右)を消費者から回収するプロジェクトを進めています。

身近なスーパー等の回収拠点(写真左)で、不要になったプラスチック製品等(写真右)を消費者から回収するプロジェクトを進めています。

鎌倉投信の視点
鎌倉投信は、「共生」の評価基準の一つである循環型社会創造という点で評価しました。
このリサイクル事業が普及すれば、リサイクルにより国内のプラスチック生産がほぼ賄えるようになります。なによりもゴミの山が宝の山に代わります。岩元社長は「この世にゴミは存在しない。ゴミは人間の都合で存在する」「日本を技術と文化によって資源国家にしたい」と語ります。日本環境設計さんの今後の成長により、ゴミ問題の解決に大きく貢献できるのではないかと期待しています。
日本環境設計株式会社 岩元 美智彦 社長

日本環境設計株式会社
岩元 美智彦 社長

日本環境設計株式会社
2007年創業。資源循環を実現するためのリサイクルインフラの構築、およびコンサルティングを行う会社。大手企業と連携し、新しい環境社会づくりを推進している。本社は東京都千代田区。

http://www.jeplan.co.jp/


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。