カゴメ

共生 カゴメ株式会社 (愛知県)

  • 循環型社会創造
  • 地域を大切に
  • Wグローバルニッチ
". get_the_title() ."

トマトもファン株主も大切にするいい会社

カゴメ株式会社は、皆さんよくご存じの「カゴメ トマトケチャップ」や「野菜生活100」をはじめとした、トマトジュースや野菜ジュースなどトマト加工品や自然食材を使った商品を生産販売している会社です。

【特徴一 共生】

●食料自給率改善
カゴメでは、国内農業の持続可能性追求のため、トマトジュース原料の全量国産化を目指しています。現状は、トマト生産者の高齢化や後継者不足などにより生産者数や栽培面積が伸び悩んでいるため、国産だけでは賄えない分は海外産を使用していますが、全量国産化に向け、トマトの産地・生産者の開拓を自ら行っています。

また、各地の野菜やフルーツなどの特産品の魅力をカゴメの商品として全国にとどける「地産全消」活動も行っています。野菜ジュースの「野菜生活100」では季節限定シリーズとして、長野県の白桃を使った「白桃ミックス」など、地域の特色を活かした商品開発を行っています。

カゴメの代表商品である「野菜生活 100」です。地域の特産品を使用した季節限定シリーズが好評。

カゴメの代表商品である「野菜生活 100」です。地域の特産品を使用した季節限定シリーズが好評。

●ファン株主20万人
98年当時、6千名程にすぎなかった株主数は、14年12月には20万人を突破、そのうち個人株主の株式所有比率は株主数ベースで99%を超えています。商品紹介・試食会などの催しや株主優待の導入など様々な試行錯誤を繰り返す中で、同社のファンになる株主を徐々に増やしていったそうです。

カゴメの株主総会は通常の株主総会の雰囲気とは異なり、ロビー展示等で株主が役員・社員と直接対話し、企業活動や商品への株主の理解を深めてもらっているそうです。

カゴメではお客様と株主は表裏一体と考え、親しみをこめて「ファン株主」と呼んでいます。ロイヤルティの高い「ファン株主」の存在は株価の安定化や、同業他社よりも相対的に高い企業価値(高いPER)を実現しています。

寺田社長とファン株主との「対話と交流の会」の様子

寺田社長とファン株主との「対話と交流の会」の様子

【特徴二 匠】

●世界トップクラスのトマト遺伝資源
カゴメは7,500種のトマト種子を保有していて、これは民間企業では世界有数の保有水準です。それらを活用した品種改良・農業研究により、農家が収穫しやすいトマト、病気に強いトマトの開発など、トマトの持つパワーを活かす商品開発につなげています。

写真はトマトの種子です。

写真はトマトの種子です。

鎌倉投信の視点

鎌倉投信では「共生」の評価項目の一つである「食料自給率改善」という点で同社に着目しました。トマトジュース市場でトップシェアを誇るカゴメが国内農業の継続に力を入れていることは大きな効果があると捉えています。

カゴメの企業理念のひとつに「感謝」という言葉があります。「自然の恵みと多くの人々との出会いに感謝し、自然生態系と人間性を尊重する」このような想いを着実に実行している同社の活動を今後とも応援していきたいです。

カゴメ株式会社 寺田 直行  代表取締役 社長

カゴメ株式会社
寺田 直行 
代表取締役 社長

カゴメ株式会社
1899年創業。トマト加工品の最大手、自然素材を生かした商品開発力に定評。トマトをはじめとした生鮮野菜にも注力。東京一部上場。本社は愛知県。

http://www.kagome.co.jp/


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。