亀田製菓

共生 亀田製菓株式会社 (新潟県)

  • 社員を大切に
  • 人財の多様性
  • 地域を大切に
". get_the_title() ."

家族みんなが働く会社

親子、夫婦、兄弟など、家族で勤務している人が多い亀田製菓。

それは、そもそも農家の収入を支えるためにできた、共同組合から生まれた会社だから…。米どころ新潟で、米菓にこだわり、さまざまなヒット商品を世に送り出している。東日本大震災で影響を受け内定取り消しになった学生を10名採用する方針を固めた亀田製菓。地域を大切に、人を大切にする会社です。

農民組合からのスタート
亀田製菓というと「亀田の柿の種」 「ハッピーターン」など、お馴染みのお米から出来ているお菓子の製造です。戦後間もない時期に、女性や子供に菓子で喜びを与えたいという想いで、新潟の亀田郷に出来た農民組合が亀田製菓のスタートでした。やがて会社化し、雇用を増やし、地元の兼業農家の生活を豊かにすることにも貢献しました。お米を使って製品を創り、地域の人々の暮らしを楽しく、豊かなものにする、その想いは今も昔も変わりません。
亀田製菓といえば柿の種(2011年受益者総会での写真)

亀田製菓といえば柿の種(2011年受益者総会での写真)

雇用
地域の雇用を守り続ける亀田製菓。兄弟、親子とも亀田製菓に勤めている、という社員も数多くいます。三交代制の勤務もあり、昼間はお母さん、夜はお父さんなどの対応が可能なのも、地元の雇用ニーズに合っています。また、2011年は、東日本大震災の被災地出身で、内定が出ていた学生さん10人を積極的に雇用したのもすばらしい活動ですね。
新商品開発
亀田製菓の強みは新商品開発力。つい定番商品に気を取られてしまいますが、年間百を超える新商品を投入しています。
海外進出
海外進出も積極的に行っています。アメリカの代表的なお菓子といえばポテトチップスですが、米菓はヘルシーフードとして少しずつ認知度を高めています。
鎌倉投信の視点
鎌倉投信が着目したのは、テーマ「共生」。
地域の雇用を守り続けてもらえると信じられるのは、創業理念。何のために亀田製菓は存在するのか、それがはっきりしているからこそ信じられます。鎌倉投信では、日本の地方が元気になれば地方の雇用も生まれ、ひいては日本も元気になると考えており、地方にある「いい会社」を応援しています。また匠という側面では、お米のお菓子はヘルシーで日本ならではの技術がギュッと詰まっていますし、最近では、ネットでお米まで販売しています。これからの海外展開も楽しみです。
工場見学に行った時に食べた、焼きたての「亀田の柿の種」は、ちいさなおせんべいのように香ばしかったですよ。
地域の雇用を守る亀田製菓の田中社長

地域の雇用を守る亀田製菓の田中社長(2012年当時)


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。