タムロン

株式会社タムロン (埼玉県)

  • 技術力
  • オンリーワン
  • Wグローバルニッチ
". get_the_title() ."

ファンの多いニッチな会社

カメラ好きの人で知らない人はいない、一眼レフカメラの交換レンズで世界を魅了するタムロン。

レンズは日本の十八番。海外売上高も7割を超え、世界に通用する匠がタムロンにはあります。タムロンの強みは、ズームレンズの技術力です。レンズ専業のタムロンが、小さいながらも世界で評価される理由は、その開発能力にありました。

トカゲの頭切り
不況時に、上にいる経営者はそのままで、下にいる社員をリストラすることを「トカゲのしっぽ切り」と例えることがあります。社員を大切にするタムロンの小野社長は、「トカゲの頭(しゃっぽ)切り」と称して、不況時にはトップから給与を減らすことを明言しています。経営責任の取り方としては当たり前のことなのですが、これが出来ていない会社が多いのです。
地域を大切に
タムロンの本社は埼玉県さいたま市。電車だと単線である東武野田線の七里駅が最寄り駅です。50年以上前からこの地で事業を展開しており、縁を大切にする会社であることが伺えます。また、青森に三工場ありますが、こちらも企業誘致があってからずっとその場所です。場所や地域を大切にする会社なのですね。
埼玉県さいたま市にあるタムロン本社

埼玉県さいたま市にあるタムロン本社

専業で生き残る
ひと昔前、レンズ専業メーカーは百社以上ありましたが、デジタル化への変化の時代に数社だけが残りました。その数少ない会社の一つがタムロン。以前のレンズ専業メーカーは「安かろう悪かろう」といわれてきましたが、今では最新のズームレンズを提供するのがタムロンの役目。また、ファンの多いニッチな会社になって生き残っています。
開発力
タムロンの強みは、その開発力。魅力的なレンズを短期間で設計し、すぐに試作、製造へと自社内でできる開発体制にあります。最近の高倍率ズームレンズを小型化するためには、この体制が重要になります。いまでは、デジタル一眼レフカメラ用交換レンズだけでなく、監視カメラ用レンズなど、様々な分野で活躍するタムロン。多品種高品質の製品を生み出す開発力は、とどまることはないでしょう。
高性能なタムロンのズームレンズ

高性能なタムロンのズームレンズ

鎌倉投信の視点
鎌倉投信が着目したのは、テーマ「匠」。レンズを活かした光学は、見た目ではなかなか真似出来ない、日本の技術力そのものです。特に高い精度を要求されるものであればあるほど差が出ます。カメラレンズというと、キヤノンやニコンを思い浮かべる方々が多いと思いますが、鎌倉投信では、ニッチな会社としてのタムロンを応援しています。社員を大切にしているタムロンの経営力を鎌倉投信は信じています。
株式会社タムロン
創業1950年、デジタル一眼レフカメラ用交換レンズ、監視カメラ向けなどのレンズ専業メーカー。本社は埼玉県。東京一部上場。

http://www.tamron.co.jp/


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。