ユーシン精機

共生 株式会社ユーシン精機 (京都府)

  • 技術力
  • 経営理念
  • 製販一貫体制
". get_the_title() ."

赤字を出さない匠な会社

創業理念
ユーシン精機は、製造業が携帯や車のバンパーなどのプラスチック成形品を金型から取り出す際に、人手を使わず取り出すためのロボット専業メーカーです。「人を非人間的な作業から解放したい。そして人にしかできない創造的な仕事に就かせたい。」そんな想いからできた会社の経営力は大変強いものがあります。
京都にあるユーシン精機本社

京都にあるユーシン精機本社

赤字を出さない
創業以来のこだわりは、赤字を出さない経営です。株主に対してしっかり応えること、それは株主資本を減らさない経営です。その意識の高さから、有利子負債はゼロ。「経営が苦しい時に、金利は払えない。払うぐらいなら人財に投資をしたい」、そんな想いを感じる経営姿勢です。
人へのこだわり
赤字を出さない経営をする上で、最も大変なのはリストラを行わず、実践すること。小谷社長の人財へのこだわりもものすごいものがあります。ミーティングが終わり、工場見学の最中、小谷社長が走ってきて、「一番大切なことを言い忘れました。この会社の社員はみんな真面目なんです!」と。社長、会社の中で、あなたが一番真面目なんですね(笑)。
品質の高いユーシン精機のロボット

品質の高いユーシン精機のロボット

国内外で一位
ユーシン精機では、海外での売上高が全体の6割を超えています。それを支えているのは、品質。小谷社長も「価格が多少高くても買ってもらえる品質」にこだわっています。ロボットを採用している会社は、そのコストを回収するために、24時間操業させているケースが多いです。そのため、少しの時間でもロボットの修理等が発生してしまうと、生産がストップしてしまいます。ユーシン精機は、ちょっと高価かもしれませんが、品質が高い方が良いと思ってもらえるように活動しています。価格競争には巻き込まれにくい戦略です。
工場にある「品質は社運を決める」という言葉

工場にある「品質は社運を決める」という言葉

【鎌倉投信の視点】
鎌倉投信が着目したのは、テーマ「匠」。
品質への「こだわり」を持った会社はたくさんありますが、その「こだわり」が価格競争力になっていなければ意味をなしません。その源泉はやはり人財への投資と「こだわり」です。
小谷社長は、ご主人が亡くなられてから社長になった元社長夫人。通常の場合であれば経営者として大丈夫か?となりますが、ユーシン精機は大丈夫。なぜなら、会社設立と結婚が同時で、小谷社長はご主人と一緒に仕事をしてきたからです。
株式会社ユーシン精機
創業1971年、プラスチック成形品取り出しロボットの専業メーカー。国内外で首位。本社は京都府。東証一部上場。

資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。