「結い2101」を知る

「結い2101」(ゆい にいいちぜろいち)は、皆様からお預かりしたお金を、これからの日本にほんとうに必要とされる「いい会社」に投資し続けます。

1.「いい会社」へ投資します

「結い2101」(ゆい にいいちぜろいち)は鎌倉投信が設定・運用そして販売する投資信託です。投資信託は次のような特徴がある金融商品です。

少額から投資できます

投資には多額のお金が必要というイメージもありますが、確かに多くの株式や債券への投資を一度におこなうには、ある程度まとまった金額が必要になります。しかし、投資信託を通じた形であれば少額から投資することができます。「結い2101」では、1万円から資産運用を始めることができます。

運用の専門家に”信頼して”託します

いざ自分で資産運用を始めてみようと思っても、投資先を調べる時間がなかったり、何に投資をしてよいのか分からなかったりすることがあります。しかし、投資信託であれば、投資先の選定やリスク管理を経験と知識が豊富な専門機関である運用会社(投信委託会社)に託すことができます。

「結い2101」では、運用会社である鎌倉投信のファンドマネージャーが運用をおこないます。

投資した資産は保全されます

皆様からお預かりした資産は、鎌倉投信(投信委託会社)が運用し、信託銀行が管理します。資産の運用と管理を分離しているため、万が一当社が破綻したときでも皆様の資産は保全されます。

また、資産を管理する信託銀行の自己資産と皆様の信託財産は法律によって分別して管理されており、仮に信託銀行が破綻した場合でも皆様の資産が保全される仕組みとなっています。

これらに加え、鎌倉投信が運用・販売する「結い2101」には、次のような特長があります。

結い2101の特長

「結い2101」は、これからの日本にほんとうに必要とされる「いい会社」へ、皆様からお預かりしたお金を投じ、応援し続けます。「いい会社」に投資することで、その事業で蓄積された利益の一部を得ることができるだけでなく、社会に様々な価値が創られ、雇用が生まれ、その会社に関わる多くの人の幸福感も拡がります。いい会社への投資は、自身への経済的利益が期待されるだけではなく、社会的な利益もふやすことにもなるのです。

「いい会社」とは

鎌倉投信が考える「いい会社」とは、会社に関わるすべてのもの(ステイクホルダー)との調和を図りながら成長する会社です。自己の利益を過度に重視し、短期的な利益追求に奔走する会社ではありません。社員とその家族、取引先、顧客・消費者、地域社会、自然・環境、株主等を大切にし、持続的で豊かな社会を醸成できる会社に投資します。

2.ゆっくりと安定した運用を目指しています

「結い2101」の運用は、投資先企業の業績の伸びに見合った収益率を目標に、価格変動を抑えゆっくりと安定した運用成果を目指しています。

株式に投資する投資信託です

「結い2101」は、主に株式へ投資します。企業の株式を保有すると、利益の一部を受け取ることができます。過去を振り返ると、株式の価格は長期的には増加してきました。

例えば、日本の株式市場の値動きを表す指標(株価指数)は、1950年から2019年末にかけて130倍以上に増加しています。ただし、株式投資では投資したお金が増えることもあれば減ることもあり、将来の運用収益が保証されているわけではありません。

安定した資産運用のために

「結い2101」は、投資家の皆様に安心して資産を保有していただくために、主に2つの手法で価格変動を抑えていきます。一つ目は投資するお金を複数の会社に分散させることです。一つの会社だけにお金を投じてしまうと、もしその会社が潰れたときは投資したお金が全く返ってこないことも考えられます。そのような状況を防ぐために様々な会社に分散して投資をしています。

価格変動を抑えるもう一つの手段は現金を持つことです。株式の価格が大きくブレる局面では現金を多めに持ち、逆に価格のブレが小さい局面では株式を多めに保有し、価格変動リスクを調整しています。

本来、価格変動の大きさを一定水準に抑えるためには、投資家の皆様自身が株式と現金の割合を調整する必要がありますが、お客様に代わって「結い2101」の運用者が日々細かな調整を繰り返しています。その分、皆様が仕事や趣味などに、時間を有効に活用することができると考えています。

このように「結い2101」の資産形成は、長い時間軸でゆっくりと安定した成長を目指しています。保有するタイミングや手法によって、投資の成果は異なりますが、投資期間が長くなるほど、利益を出せているお客様が多い傾向があります(参考)。

3.顔の見える関係と信頼感を大切にしています

個人投資家の皆様から運用会社の顔が見え、その志や投資哲学を感じられる投資信託を目指します。

一般的に銀行や郵便局、証券会社などの販売会社で購入する投資信託は、皆様のお金が、どのような考えで、どこに投資されているかを知ることが簡単ではありません。

「結い2101」は、運用会社である鎌倉投信がその考え方や投資先を選ぶ視点などを直接皆様に説明しますので、内容を十分理解してから購入できます。

購入後も半年に1回、「結い2101」の決算内容や運用状況を、運用者が全国各地で直接お伝えします。

こうした顔の見える関係性から培われる信頼感は、お客様が大切な資金を預ける際の安心感に繋がる、大切なポイントだと考えています。鎌倉投信は資産運用に関わる皆様、特に投資家と運用者、投資家と投資先企業が信頼で結ばれるための「場」を提供し続けます。

年に一度の決算報告「受益者総会®」の様子    ※「受益者総会」は、鎌倉投信の登録商標です