投資先の「いい会社」

アイ・ケイ・ケイ 株式会社

(佐賀県)設立年:1995年

理念経営で幸せをよぶ会社

2015年7月23日に受益者の皆様と「いい会社訪問」を実施しました!
「幸せに結婚される方々を増やし、少子高齢化をなんとかしたい」人の幸せを考えながら結婚式場を運営しているIKK。

親子、姉妹等、身内から「ここで式を挙げるといいよ」と言われる会社。そこにはお客様、社員を幸せにする理念経営があります。社長がなんども手を入れ続けている経営理念が書かれたクレド。それは社員に浸透し、ただの紙切れにはなっていませんでした。

クレド
会社の理念や信条などが書いてあり、社員に持たせる小冊子をクレドといいます。このクレドを社員に持たせる会社は、最近多くなりましたが、アイ・ケイ・ケイではちょっと他と異なります。社長が社員の良い意見を取り入れながら毎年改訂しています。社員と一緒に創るクレドだからこそ、いざという時に振り返る場所としての価値があるのかも知れません。当然ですが、クレドを社員の皆さんに理解してもらう努力は欠かしません。朝礼だけでなく、昼礼(お昼に行う)もあるぐらい、人財育成には熱心です。真に理念経営を実践している会社といえるでしょう。
  • 毎年改訂されるIKKのクレド

人財評価
鎌倉投信もよく使いますが、人財の「財」は、人を財産だと思っているからこの「財」を使っています。アイ・ケイ・ケイの人財評価は特徴的です。「挑戦者として行動したが、失敗した」人の方が、「挑戦者として行動しなかったが成果は上がった」人よりも評価が高い点です。一般的に、逆の場合が多いですが、「周りにいい影響を与える言葉」を重視し、チャレンジすることを大切にする会社ならではの考え方です。
  • 理念経営を実践するIKKの金子社長

人の心を動かすサービス
結婚式はその人の人生にとって、とても大きなイベントです。そこでは様々なドラマが生まれます。他では得られなかったアイ・ケイ・ケイ社員の方との出会いによって、既に決まっていた結婚式場をキャンセルしてまで、アイ・ケイ・ケイの式場で結婚される方がいます。サービスは会社によって異なりますが、ホスピタリティは人によって異なります。人財が育っているからこそでてくるホスピタリティであり、感動サービスですね。

鎌倉投信の視点
鎌倉投信が着目したのは、テーマ「人」。
ウェディングは少子高齢化や結婚をしない人の増加を受け、市場全体としては縮小傾向にありますが、アイ・ケイ・ケイが手掛けているハウスウェディング市場は流行ということもあって、近年増加傾向にあります。しかし、流行はどこかで終わるもの。理念経営をかかげ、人財育成を丹念に行っているアイ・ケイ・ケイは、どんな状況になったとしても、人を感動させ続け、必要とされる会社になっていくと考えています。鎌倉投信では、特に、親子や兄弟姉妹の紹介で、ここで結婚式をしている実績を評価しています。なぜなら、コストを超える本当の価値(感動価値)がそこに存在しない限り、コストが分かっている場合は、決して家族には薦めないからです。
  • 木の温もりを感じるIKKのチャペル

アイ・ケイ・ケイ株式会社
創業1995年、地方を中心に、ゲストハウス型の挙式・披露宴を企画・運営。本社は佐賀県。東証一部(2011年1月JASDAQより東証二部へ上場替えし、2013年1月東証二部より上場替)上場。
http://www.ikk-grp.jp/