投資先の「いい会社」

アニコムホールディングス 株式会社

(東京都)設立年:2000年

理念を大切にする会社

アニコムホールディングスの主な事業は、動物保険の損害保険業。動物専用の健康保険証を独自で作った会社です。

「涙を生まない保険会社にしたい」そんな想いを理念経営で実践するアニコム。そこには独自のサービスと人を中心とした経営が存在しました。

2011年7月15日受益者の皆様と「いい会社訪問」を実施しました!
ペット保険証
ペット保険は過去にいろいろ出ましたが、一度も上手くいきませんでした。それは、動物が病気になると頻繁に通うため、その都度保険請求されてしまうと、事務コストがもの凄く高くなってしまうからです。そこでアニコムは、人間と同じようなペット専用の保険証を使おうと考えました。動物病院で請求を行ってもらえれば、月1回の請求でまとめてやってくれるからです。しかし、保険証を使えば、利用する個人は楽になりますが、請求する動物病院から見れば負担となります。そこで参入時には、動物病院にシステムを無償で提供しました。これは両社にとって相互発展の関係。既にペット保険証が利用できる対応病院は実質的に全国で半数を超えています。
  • アニコム独自のサービスである動物保険証

ペットショップへの配慮
ペット保険を売るためには、取り扱ってもらうペットショップとの提携が必要となります。そこでアニコムは、ペットショップが困っていることに目をつけました。それは初期にクレームが多いこと。「このイヌは最初から弱っていたのでは?」とクレームが出やすい最初の1ヶ月は100%補償にしました。そうすることにより、ペットショップもペットの調子が悪ければ動物病院に行ってもらえるのでクレームが減ります、大抵は環境が変わることによる体調不良が原因だからです。大手のペットショップでその約7割がアニコムの保険を取り扱っている理由がそこにあります。
  • アニコム本社の入り口

統計を開示
アニコムでは、家庭どうぶつ白書として疾病データを開示しています。通常の保険会社では開示はしません。なぜならこの数値が保険料率の算定根拠にもなり、かつ会社の収益源泉でもあるからです。なぜ開示するのかと尋ねたら、「涙を生まない保険会社として役に立ちたいんです、先天的なものは知ってもらうことが何よりも重要で、この予防を、知るワクチンといっています」こちらが感動して涙を流しそうになるぐらいの、他ではできない差別化です。

所要支払日数
所要支払日数とは、保険の請求があってから動物病院に支払われるのに要する日数のことです。アニコムでは、それを短くするためにKPI(キーパフォーマンスインディケーター、重要業績評価指標)として運営し、最短では当日支払いも可能にしています。
  • 理念を形にしたアニコムかるた

採用倍率
アニコムには20人の採用枠に1万人の就職希望者が訪れます。男女に関係なく採用し、定年の設定はありません。また、会社への想いを重視して採用することから、当然ペットを飼っている社員が多くなります。そのため、ペットが亡くなった時には忌引休暇が1日付与されています。人の気持ちがわかる会社ならではです。また、オフィスの中はすべてガラス張りになっていて、経営方針でもある見える化を会社全体で実現しているのも印象的です。

鎌倉投信の視点
鎌倉投信が着目したのは、テーマ「人」。
鎌倉投信では上場している既存の金融機関に「結い2101」が投資をすることはないと考えていました。しかし、アニコムは明らかに違っていました。私たちと同じく金融改革の必要性を訴え、それを実践するいい会社。アニコムは、2000年に創業された、まだ10年ほどの会社です。鎌倉投信は金融機関として同じ志を持つアニコムをずっと応援していきたいと考えています。
  • 理念経営を実践するアニコムの小森社長

アニコムホールディングス株式会社
創業2000年、ペット保険の草分け。ペット保険以外に動物病院支援業務も行う。本社は東京都。東京一部(2014年6月東証マザーズより上場替)上場。
http://www.anicom.co.jp/