投資先の「いい会社」

株式会社 デジタルハーツ

(東京都)設立年:2001年

世界に通用する匠と呼べるIT会社

この会社は現代版の匠。デジタルハーツはシステムの不具合をチェックする専門の会社です。

デジタルハーツは、「そんなことまで見ないよ」と外国人がびっくりする日本人の細やかさを利用した匠な会社です。さらに、ニート・フリーターを活用して「発売前のゲームを徹底的にチェックさせる」ビジネスモデルも時代にマッチしていて、ニート・フリーターや引きこもり対策としても重要な役割を果たしています。


日本らしさ
デジタルハーツが提供するデバッグ(ソフトウェアの不具合を検出する)サービスは、日本人の得意技といえます。なぜなら、マイクロソフト社が「米国人じゃ、こんなところまでバグだとは思わない」といって契約するほどの、細部に拘った技術だからです。今では、マイクロソフト社だけでなく、日本の名だたる情報産業の会社もデジタルハーツにデバッグを依頼しています。この日本人のこまやかさが、世界に誇る技術となっています。
  • デジタルハーツが行なう新たなチャレンジ「不具合.com」

新たなチャレンジ
デジタルハーツは、ユーザーとメーカーとをダイレクトにつなぎ、不具合を共有して、安全で高品質な製品を創る輪を広げようと、不具合専門のウェブサイトである「不具合ドットコム」を立ちあげました。このサイトは、グッドデザイン賞を受賞するほど革新的な試みです。ユーザーとメーカーとの相互成長の関係が、いい商品を生み出す源泉になることが楽しみです。
  • 登録ベースの雇用者数は、なんと約5,300人

ニート・引きこもり対策
不具合を見つけるサービスは、ユーザー目線でのチェックを必要とします。同社は、世間で「ゲームオタク」といわれるような人財を採用して、ニート・引きこもり対策にも貢献しています。作業する人は、発売前のゲームの機能チェックを行い、楽しみながら仕事をこなしていきます。登録ベースの雇用者数は、なんと約5千3百人。時代のニーズにあったビジネスがニート・引きこもりの雇用対策に貢献しています。

鎌倉投信の視点
鎌倉投信が着目したのは、テーマ「匠」。一般的な情報技術の会社では、技術力という面を評価しづらく、テーマ「匠」で選べる会社は情報産業にはないと考えていましたが、この会社の業務内容を聞いた時に「これだ」と思いました。まさに、現代版の匠。日本人の特徴を活かし、世界に通用する技術を提供するデジタルハーツは、今後の成長が楽しみです。元々、フリーターだったメンバーで創業した会社だけに、増え続けるニート・引きこもりに社会への参画を促し続ける姿勢は、まさに今の時代に必要とされる会社です。デジタルハーツの名のとおり、まごころを感じるサービスを提供し続けて行くことを期待しています。ぜひ応援していきましょう!
  • 自らがフリーターだったデジタルハーツ宮澤社長(2012年当時)

株式会社デジタルハーツ
創業2001年、不具合検出(デバッグ)サービスを専門とするIT会社。本社は東京都。東証一部(2011年2月東証マザーズより上場替)上場。
https://www.digitalhearts.com/
  • ハートが大切だから社名に