投資先の「いい会社」

株式会社 ユーグレナ

(東京都)設立年:2005年

サステナビリティ・ファーストで事業を推進する、いい会社

株式会社ユーグレナは、微細藻類ユーグレナなどを活用した食品や化粧品の製造販売と、バイオ燃料の研究開発やソーシャルビジネスをおこなっている会社です。

  • ユーグレナ粉末

【特徴 共生】

●社会貢献
社名の「ユーグレナ」は微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)に由来します。ユーグレナは体長わずか0.0 5mmほどの藻の一種で、植物と動物の両方の性質をもつ不思議な生物(原生動物)です。植物と同じように光合成しますし、光をもとめて自由自在に動くこともできます。植物と動物の両方の性質をもつユーグレナは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、人間が生きていくために必要な59種類もの栄養素を備えています。
同社ではこのユーグレナを用いた食品をつくっていますが、この事業に至ったきっかけは創業者の出雲社長が大学時代にバングラデシュを訪れたことに始まります。バングラデシュは当時、世界最貧国の地ともいわれ、出雲青年は貧困や栄養失調で苦しむ現地の人々を目のあたりにします。
大学に戻って、このような世界の栄養失調問題を解決できるような素材を探したところ、見つけ出したのが「ユーグレナ」でした。ユーグレナはその豊富な栄養素から、食料問題解決の大きな可能性を持っていました。
そして、世界で初めて食用の微細藻類ユーグレナの屋外大量培養に成功し、大量に供給できる道を切り拓きました。今では、現在から未来に至るまでの人々の健康をサポートすることを目指し、食品や化粧品を開発・製造販売するヘルスケア事業をおこなっています。
現在、創業のきっかけとなったバングラデシュでは、同社の売り上げの一部を活動に充てる「ユーグレナGENKIプログラム」で、ユーグレナ入りのクッキーを小学校に無償で提供するほか、WFP(国連世界食糧計画)と協力し、緑豆栽培で農家の生計向上の支援とロヒンギャ難民への食料支援の両方につながる取り組みなどもおこなっています。
  • 上が微細藻類ユーグレナです。当時、屋外でのユーグレナ培養は非常に難しいといわれていましたが、世界で初めて食用のユーグレナの屋外大量培養に成功しました。

ユーグレナは食料だけでなく、その油脂はバイオ燃料の原料としても利用が期待されています。石油などの化石燃料は地中にあった燃料を燃やすため大気中の二酸化炭素が増えることになりますが、ユーグレナは大気中の二酸化炭素を光合成に利用して増殖しますので、ユーグレナ油脂をバイオ燃料の原料として使う場合、空気中の二酸化炭素を増やさないという利点があり、環境負荷が低いとされています。しかも、サトウキビやトウモロコシといった他のバイオ燃料の原料と違い、本来食料であるものを燃料に使用せずに済みます。同社では、使用済み食用油とユーグレナ油脂を原料にしたバイオ燃料の研究開発をおこなっています。そして、この 環境に配慮した燃料を使ったジェット機が世界中の空を飛ぶことを目指しています。
  • バイオ燃料の研究開発やバングラデシュへの食料支援をおこなっています。

鎌倉投信の視点
鎌倉投信では、テーマ「共生」の中でも、「社会貢献」という点を評価し、投資を決定しました。栄養失調問題や環境問題に取り組む同社の活躍に期待しています。
  • 株式会社ユーグレナ
    出雲 充 
    代表取締役社長

株式会社ユーグレナ
2005年設立。
「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」を企業フィロソフィーとし、事業を展開。「ユーグレナ(和名:ミドリムシ)」を使用した食品や化粧品の製造販売をおこなうヘルスケア事業や、バイオ燃料事業、ソーシャルビジネス等をおこなう。世界で初めて「ユーグレナ」の食用屋外大量培養に成功。本社は東京都。東証プライム上場。

http://www.euglena.jp/


※ 掲載内容は正確性を担保するものではありません。また、執筆時点のものです。