投資先の「いい会社」

株式会社 ユーシン精機

(京都府)設立年:1971年

赤字を出さない匠な会社

創業理念
ユーシン精機は、製造業が携帯や車のバンパーなどのプラスチック成形品を金型から取り出す際に、人手を使わず取り出すためのロボット専業メーカーです。「人を非人間的な作業から解放したい。そして人にしかできない創造的な仕事に就かせたい。」そんな想いからできた会社の経営力は大変強いものがあります。
  • 京都にあるユーシン精機本社

赤字を出さない
創業以来のこだわりは、赤字を出さない経営です。株主に対してしっかり応えること、それは株主資本を減らさない経営です。その意識の高さから、有利子負債はゼロ。「経営が苦しい時に、金利は払えない。払うぐらいなら人財に投資をしたい」、そんな想いを感じる経営姿勢です。

人へのこだわり
赤字を出さない経営をする上で、最も大変なのはリストラを行わず、実践すること。小谷社長の人財へのこだわりもものすごいものがあります。ミーティングが終わり、工場見学の最中、小谷社長が走ってきて、「一番大切なことを言い忘れました。この会社の社員はみんな真面目なんです!」と。社長、会社の中で、あなたが一番真面目なんですね(笑)。
  • 品質の高いユーシン精機のロボット

国内外で一位
ユーシン精機では、海外での売上高が全体の6割を超えています。それを支えているのは、品質。小谷社長も「価格が多少高くても買ってもらえる品質」にこだわっています。ロボットを採用している会社は、そのコストを回収するために、24時間操業させているケースが多いです。そのため、少しの時間でもロボットの修理等が発生してしまうと、生産がストップしてしまいます。ユーシン精機は、ちょっと高価かもしれませんが、品質が高い方が良いと思ってもらえるように活動しています。価格競争には巻き込まれにくい戦略です。
  • 工場にある「品質は社運を決める」という言葉

【鎌倉投信の視点】
鎌倉投信が着目したのは、テーマ「匠」。
品質への「こだわり」を持った会社はたくさんありますが、その「こだわり」が価格競争力になっていなければ意味をなしません。その源泉はやはり人財への投資と「こだわり」です。
小谷社長は、ご主人が亡くなられてから社長になった元社長夫人。通常の場合であれば経営者として大丈夫か?となりますが、ユーシン精機は大丈夫。なぜなら、会社設立と結婚が同時で、小谷社長はご主人と一緒に仕事をしてきたからです。

株式会社ユーシン精機
創業1971年、プラスチック成形品取り出しロボットの専業メーカー。国内外で首位。本社は京都府。東証一部上場。