投資先の「いい会社」

TOTO 株式会社

(福岡県)設立年:1917年

「人づくり」を軸に快適な生活文化を提供する、いい会社

TOTOさんは、トイレ、風呂などの衛生陶器、ウォシュレット、水栓金具など、水まわりを中心とした住宅設備機器の研究・開発・設計・製造・販売をしています。

【特徴一 匠】

●職人技が細部に宿る衛生陶器
トイレの便器、風呂、洗面台ボウル等の水回り製品の多くは、汚れがつきにくく洗浄が容易で、表面強度が高く傷のつきにくい陶器でできています。衛生陶器は、形状が大きく複雑なことから重力や乾燥の影響を受けやすく、部位ごとの収縮率が異なります。そのため、製造工程には、長年受け継がれた熟練の技が息づいています。
また水漏れや汚れを防ぎ、硬度を高め、陶器の透明度や美しさを表現するため、釉薬(ゆうやく)を吹きつけますが、複雑な物体に均一に釉薬を吹きつけることにも高い技術を必要とします。
さらに、陶器表面の凹凸をツルツルにし、汚れの付着力を弱めることで、理想的な自浄力を実現する技術や、便器の内面を、渦を巻くようなトルネード水流が流れることで、少ない水を有効に使いながら、しつこい汚れもしっかりと洗い流す技術など、衛生陶器は、職人技によってつくりだされています。

【特徴一 共生】

●限りある水資源を守る
日本は水資源に恵まれた国ですが、世界の多くの地域では、水は極めて貴重な資源です。TOTOさんの衛生陶器は、節水性能が高く、これをグローバルに展開することで、水資源の保全に貢献しています。 

【鎌倉投信の視点】

TOTOさんは「匠」な高い技術力を持ち、水資源の保全にも貢献している会社です。ですが鎌倉投信は、あえて「人」のテーマで投資しました。
なぜなら、世代から世代にわたって創立者の「志」を引き継いでいくことに優れた会社であるからです。同社には、「先人の言葉」と呼んで大切にしている創立者の言葉があります。これは初代社長から二代目社長に送られた書簡の中に記され、歴代の経営者に、絶えまなく受け継がれています。
同社では、今でも企業理念の一節を毎日唱和し、理念が社員に浸透しています。創立100年を超えた今でも先人の志を継承しているTOTOさんを鎌倉投信は応援しています。
  • 大倉和親 氏

    東洋陶器株式会社
    (現・TOTO)創立者
    大倉和親 氏

『先人の言葉』
どうしても親切が第一
奉仕観念を以而(もって)仕事をお進めくだされ度(たし)
良品の供給、需要家の満足が掴むべき実体です。
此(こ)の実体を握り得れば利益・報酬として影が映ります。
利益という影を追う人が世の中には多いもので
一生実体を捕えずして終わります。    ~同社HPより
  • 代表取締役 社長執行役員
    清田 徳明 氏(2020年11月時点)

TOTO株式会社
水まわりを中心とした住宅設備機器の研究・開発・設計・製造・販売をおこなう。温水式洗浄便座の代名詞ともなっている「ウォシュレット」も展開している。社是は「愛業至誠」(奉仕の精神でお客様の生活文化の向上に貢献し、一致協力して社会の発展に貢献する、という意味)。1917年設立。本社は福岡県北九州市。東証一部上場。
https://jp.toto.com/

※ 掲載内容は執筆時点のもので、正確性を担保するものではありません。