よくあるご質問

Q 運用の一番の特徴は何ですか?
A
これからの社会に必要とされ、顧客や消費者、社員とその家族、取引先、地域、自然・環境、株主などを大切にし、持続的で豊かな社会を醸成できる会社に投資をして行きます。
さらに、
  1. 人:人財を活かせる会社
  2. 共生:循環型社会を創造する会社
  3. 匠:日本の匠な技術・感動的なサービスを提供する会社
この3つの要素を重視します。
具体的には、「結い2101」の投資方針をご覧ください。
Q 外国株にも投資をしますか?
A

投資する可能性はあります。具体的には、日本に拠点を置き「我々が望むこれからの社会」に必要とされる会社などがその対象です。

Q 「結い 2101」は、非上場会社には投資しますか?
A
鎌倉投信が考えている「いい会社」であれば、上場・非上場を問わず投資をします。非上場会社については、社債を通じて投資を行います。
Q 「結い 2101」は、国内株式以外に投資するのでしょうか?
A
「結い 2101」の運用基本理念は、「これからの日本に必要とされる企業に資金を投じる」となっています。したがって国内株式への投資が中心となりますが、商品としては「海外の会社への投資」と「社債への投資」などが可能です。「海外の会社への投資」を行う場合は、日本で雇用を生む海外の会社に限定して考えています。また、「社債への投資」を行う場合は、その会社の株式が上場していないなど取得できない理由がある場合に社債で投資することがあります。
Q 総じて社債は流動性が低いようですが、大丈夫でしょうか?
A
上場していない会社が発行する社債等では流動性が著しく低い場合があり、売却等の行動はできません。「結い 2101」の組み入れ銘柄はいい会社だけに倒産はさせたくないですが、今はどんなに大きい会社でも倒産する時代です。デフォルトリスクに関しては、投資先の会社がいつ倒産してもポートフォリオ全体への影響を極力押さえるように分散投資することが大切だと鎌倉投信は考えています。
Q 上場していない会社が発行する社債等の時価はどのように評価しているのでしょうか?
A
上場していない会社が発行する社債等のように流動性がほとんどないものに関しては、市場で値付がされないため、証券業協会が提供している社債の利回りを使用して、毎日時価評価されます。
Q 運用の基本方針はどのようなものですか?
A
投資家の長期的な資産形成と社会の持続的発展に貢献するために、信託財産の長期的な成長を図ることを目的として、国内を中心に、社会との調和の上に発展する会社の株式や社債等に投資することにより運用をおこなうことを基本とします。
Q 「結い2101」の基準価額はどこで確認できますか?
A
基準価額は計算日当日17時頃当社ホームページまたは翌日の日本経済新聞朝刊で確認いただけます。なお、日本経済新聞においては、「鎌倉」の「結い2101」という表示で、基準価額が掲載されています。
Q 運用の内容を知ることはできますか?
A
運用状況や組入銘柄を記載した月次の運用レポート「結いだより」を作成し、受益者の皆様宛に郵送またはE-mailでお届けします。なお、こちらからどなたでもご覧いただけます。
Q 「結い2101」の他にも販売している投資信託はありますか?
A
ありません。弊社では今のところ、「結い2101」のみを販売しています。
Q 「結い2101」はどこで取り扱っていますか?
A
直接的な対話型投信委託会社を目指していますので、鎌倉投信のみの取扱いとなっています。また、他の販売会社(証券会社や銀行等)に販売委託する予定はありません。そのため、「結い2101」購入するには、鎌倉投信に総合取引口座を開設いただく必要があります。
Q 鎌倉投信が考える社会的責任投資(SRI)とはどんなものですか
A

鎌倉投信が考えている「いい会社」の判断基準、「人、共生、匠」を大切にしている会社は、結果的に十分もしくはそれ以上の社会的責任を果たしている会社だと考えています。つまり、企業の社会的責任は、その会社が行う本業において持続的で豊かな社会を創造する事業が行われているか否かが重要であると考えています。鎌倉投信は、社会的責任の評価基準として、特に継続性を重視しています。逆に、形式性や網羅性を重視しません。具体的には、その社会貢献がビジネスモデルに組み込まれているか否か、などで有効性を判断します。その理由は、表面的な取り組み(本気で行っていない取り組み)は、景気悪化などの状況において縮小、撤退する可能性が高く、安定的な貢献が不可能なためです。
つまり、鎌倉投信の結い 2101は、従来型の社会的責任投資というよりも、経済・環境・社会それぞれの持続性に配慮した、サスティナブル投資といえます。

資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。