よくあるご質問

Q 鎌倉投信で「一般NISA」または「つみたてNISA」を利用するにはどうしたらいいですか?
A
当社でNISA口座を開設ください。。既に鎌倉投信に総合取引口座を開設されている方は、NISA口座申込書とマイナンバー(既に当社にマイナンバーをご提出済みの方は不要です)を提出ください。
当社に総合取引口座をまだお持ちでない方は、NISA口座の開設と同時に開設ください。
Q NISA口座を開設すると口座管理料はかかるのですか?
A
総合取引口座と同様に口座管理手数料は不要です。
Q NISA口座の金融機関を変更するには、どのような手続をおこなえばよいのですか?
A
NISA口座を開設している金融機関に、「金融商品取引業者等変更届出書」または「非課税口座廃止届出書」を提出していただくと、その金融機関から「勘定廃止通知書」または「非課税口座廃止通知書」が交付されます。新たにNISA口座を開設して非課税管理勘定を設けようとする金融機関に、その「勘定廃止通知書」」または「非課税口座廃止通知書」と「非課税口座開設届出書」を提出することにより、それらの書類を提出した金融機関でNISA口座を開設することができます。
(注)1 金融商品取引業者等変更届出書は、他の金融機関のNISA口座に非課税管理勘定を設けようとする年の前年10月1日からその年の9月30日の間に提出する必要があります。 (注)2 その年にNISA口座での購入があった場合、その年分は他の金融機関にNISA口座を変更することはできません。
Q NISA口座が開設された後、他の金融機関に変更することはできますか?
A
一定の手続の下、1月1日~12月末の1年単位で非課税管理勘定を設定する金融機関を変更することができます。 ただし、複数の金融機関において、同一年分の非課税管理勘定を設定することはできません。 また、その年にその金融機関でNISA口座での購入があった場合には、その年は他の金融機関にNISA口座を変更することはできません。 なお、ジュニアNISAは原則として他の金融機関に変更することはできません。
Q NISA口座の金融機関を変更するには、どのような手続をおこなえばよいのですか?
A
NISA口座を開設している金融機関に、「金融商品取引業者等変更届出書」または「非課税口座廃止届出書」を提出していただくと、その金融機関から「非課税管理勘定廃止通知書」または「非課税口座廃止通知書」が交付されます。新たにNISA口座を開設して非課税管理勘定を設けようとする金融機関に、「非課税口座開設届出書」とその「非課税管理勘定廃止通知書」」または「非課税口座廃止通知書」を提出することにより、それらの書類を提出した金融機関にNISA口座を開設することができます。
(注)1 金融商品取引業者等変更届出書は、他の金融機関のNISA口座に非課税管理勘定を設けようとする年の前年10月1日からその年の9月30日の間に提出する必要があります。
Q NISA口座を開設していますが、海外に引越しをすることになりました。どのような手続きが必要ですか?
A
お客様が海外転勤等により非居住者となる場合、出国の日の前日までに、「出国届出書」を当社に提出いただく必要があります。 「出国届出書」の提出がない場合、お客様の出国後に生じた譲渡損益または収益分配金にかかる税金は、遡及課税されることになりますので、ご注意ください。
Q 出国によりNISA口座が廃止されましたが、帰国した場合には改めてNISA口座を開設できますか?
A
NISA口座を廃止した際に交付された「非課税口座廃止通知書」と「NISA口座申込書」を提出いただくことにより、帰国後にNISA口座を再開設することができます。 なお、出国時のNISA口座の廃止により課税口座に払い出された上場株式等については、帰国後に再開設する非課税口座に移すことはできません。
Q 「一般NISA」と「つみたてNISA」の違いはなんですか?
A
ともに『結い2101』の「譲渡益・配当金(分配金)」が非課税になる制度ですが、1年間に投資できる金額や非課税となる期間、投資方法など異なる点があります。 詳細はこちらのページをご覧ください。
Q 現在鎌倉投信で「一般NISA」を利用していますが、「つみたてNISA」に変更することは可能ですか?
A
現在、当社でNISA口座を開設されているお客様は、暦年単位で「一般NISA」から「つみたてNISA」、「つみたてNISA」から「一般NISA」へ種別の変更をしていただくことができます。お客様の取引状況などにより種別の変更の手続やタイミングが異なりますので、E-Mailもしくは電話で鎌倉倶楽部までお問い合わせください。
Q 「一般NISA」の残高を、「つみたてNISA」に移管することはできますか?
A
制度上、NISA口座間の残高の移管はできませんので、ご了承ください。
Q 「一般NISA」と「つみたてNISA」を併用することができますか?
A
同一年ではできません。制度上、同一年に両方の利用はできません。いずれかをお選びください。
Q 「つみたてNISA」で購入できる金額はいくらまでですか?
A
「つみたてNISA」は定期定額購入サービスを利用して暦年単位で年間40万円まで投資することができます。なお、スポット購入は課税での購入となります。 投資金額の条件は次のとおりです。 A:月々1万円以上33,333円以下(1円単位)
B:(月々の投資金額×12か月分)と(増額月の上乗せ金額×増額回数)の合計が40万円以下
※増額回数は、2回までです。
Q 「つみたてNISA」を利用して定期定額での購入をしながら、「一般NISA」や課税口座で定期定額購入をすることができますか?
A
できません。お一人様1契約のみ定期定額購入サービスを利用いただけます。

資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。