ホームページをリニューアルしました!

毎週発行しているメールマガジンの内容をブログ形式で発信しています。
お楽しみください。
皆様、こんにちは。鎌倉投信の鎌田恭幸です。
いつも鎌倉投信のメルマガを読んでいただきありがとうございます。
先日、鎌倉投信の決算株主総会を開催しました。当社の株主は、役員を除くと全て支援者で構成されています。株主の皆様は、鎌倉投信の創業期、知名度も実績も全くない時期に、株券が紙屑になる可能性もあることを承知で出資され、今も変わることなく支援くださっています。こうした株主は、利殖だけを目的に株式を証券取引市場で売買する投資家とは一線を画し、事業創造に貢献する方々です。株主総会は、社員、お客様あってこそ今の鎌倉投信があるのと同様に、こうした表には出ない株主のお陰で鎌倉投信があることを、思い起こさせてくれます。本当に社会に必要とされる運用会社として発展し、その結果を早く株主の皆様に還元できるように頑張ります。

さて、昨日、約5年半ぶり にホームページをリニューアルしました。初代のホームぺージから数えて4代目になります。プロジェクトメンバーは、お客様からみた分かりやすさ、伝わりやすさ、使いやすさ等を丸一年かけて議論し、検証を重ねて昨日のリニューアル公開に至りました。今まで申込書面を郵送でやり取りしていた証券取引口座の開設手続も、スマホ上でも完結できるなど利便性も高まりましたので一度ご覧ください。プロジェクトをリードしてくれた社員、それをバックアップしてくれた社員の皆に心から感謝します。今後も、ホームページやオンラインサービスの拡充は、継続して取組みますので、受益者の皆様からのご意見ご要望等をお待ちしています。
鎌倉投信ホームページ https://www.kamakuraim.jp/

今回のホームページリニューアルの中では、鎌倉投信の経営理念に係る記述も分かりやすい表現に改めています。
「結いだより」2020年6月号(6/4発行)の運用報告の中で、ファンドマネージャーの橋本が、「経営理念や行動指針を用いて企業の目的とそれを達成するための手段を合理的に説明することができていれば、従業員の満足度や組織内の仕組みが変化することを通じて、従業員の行動が変わり業績向上に繋がる」可能性があるという考え方を紹介しています。非常に興味深い考察で、私なりに鎌倉投信に置き換えて考えてみたいテーマです。

会社とは、多様な個性を持つ個人が集まって、一定の共通目的の下に個の行為を組織的に統合させて、事業化させる組織体です。そして、個人が協働し、価値を創造することで会社の存在目的が達成され、個人の生き甲斐、仕事の遣り甲斐へとつながります。この組織的協働を駆動する中心軸が事業目的であり、目的を明確に定義したものが経営理念といえるでしょう。経営理念とは、企業が大切にする根本的な考え方であり、美意識といってもよいかもしれません。今回のホームページリニューアルの中で、創業来培ってきた経営理念を分かりやすく整理しましたが、私の中に、これを機に、改めて鎌倉投信の経営理念とは何か、について考えたいという想いが芽生えました。

鎌倉投信がお届けする「心を結ぶ」メールマガジン。是非ご登録ください。
登録フォームはこちら