今月のSHINE(社員)特別編「HPリニューアルPJメンバー 座談会」その3(最終回) ~アイディアが集まって~

2020年6月25日に約5年半ぶりにホームページ(以下、HP)をリニューアルし、
あわせて、スマホで本人確認ができるWeb口座開設システムをリリースしました。
プロジェクト(以下、PJ)の中核を担った20代~30代の若手社員が集まって、オンライン座談会を開きました。

今回は3回目(最終回)の掲載です。
前回の記事はこちら
その1 ~Web口座開設 システム開発あれこれ~
その2 ~投資信託「結い2101」をどう説明するか~
聞き手:まさやん(鎌倉倶楽部)
話し手:
メンバー 所属部署 役割
かんちゃん ファンド管理部、
システム管理部
PJリーダーとして、
主にHPの刷新PJ推進を担当
いとう 鎌倉倶楽部、
システム管理部
PJサブリーダーとして、
主にWeb口座開設システムの開発PJ推進を担当
はしけん 資産運用部 主に「結い2101」の説明ページの見直しを担当
しみず 鎌倉倶楽部 主にFAQ(よくある質問と回答集)の見直しを担当
かねこ 研修中のため配属前
(2020年4月新卒入社)
主にWeb口座開設システムのユーザー検収を担当



アイディアが集まって


まさやん(聞き手)
ここからはざっくばらんに話していきたいのですが、何か面白い話とかありますか?

(質問が単刀直入すぎて、しばし無言・・・)

かんちゃん
(慣れないもので・・・)PJの最初の方は、毎週のMTGに出るのは、少し胃が痛かったですよ(笑)

はしけん
僕は、胃は痛くなかったですが、作文するのは毎回しんどかったです。

かんちゃん
その部分は、本当に心強かったです。しっかり作ってくれているのがよく分かって。
情報を整理するといっても、中身の良し悪しは出てくるものに懸かってくるじゃないですか。
いい文章を作ってくれるから、そこに関しては何も手を付けようがないというか、
皆さんいろんなアイディアを考えてくれるので、本当にそれはよかったです。

はしけん
「鎌倉投信の志」ページも見直したじゃないですか。
あれってかんちゃんが整理されたんですか?
  • https://www.kamakuraim.jp/company/philosophy/

かんちゃん
そうです(えへん!)。

はしけん
やっぱりそうだなと思っていて(“かんちゃん”イズムが染み出ている!)。
実は記事を書くときに、「鎌倉投信の志」ページの作り方を参考にしていました。

かんちゃん
へ~(照)

はしけん
「何のために(Why)、何をするか(What)、どうやってするか(How)」という順番で書いてあるじゃないですか。
そういう流れは、読んでいて理解しやすい構成だと思ったので、他のいろんな記事でも意識しながら書いています。

かんちゃん
私が「鎌倉投信の志」ページで意識したのは、一番変わらないものを上に持ってくることでした。
そこら辺は、鎌田さんをはじめ経営陣の意見ももらいながら…。

あと、そうそうそう。
皆さんの工夫みたいなところでいうと、機能面のアイディアで、「イベントページ(いい会社訪問など)や『結い日和』の記事に投資先のいい会社を関連付けるタグをつけて、資料室の『投資先のいい会社』のページに表示させてみよう」とか、トップページのイラストなんかもアイディアいただいて、とてもいいものができました。

  • https://www.kamakuraim.jp/document/the-company-finder/


まさやん
僕的には満足してるのは「結い日和(ゆいびより)」ですね。
旧HPの「結いブログ」「結いだより」「The Company Finder(投資先紹介)」を統合した発信力のあるメディアというリクエストを出したんだけど、思ったとおりに実現してくれて、すごく感謝してます。さすがです!

かんちゃん
もともとは次のフェーズにリリースがずれ込む予定だったんですよね。

まさやん
そうそう。僕も今回のリリースは半ばあきらめていて、今回は口座開設システムがメインで手いっぱいと思っていたんですよ。

かんちゃん
ベンダーさんが、これくらいなら作れますといってくれて。リリースできました。
Web口座開設システムと並行して、HP刷新のスケジュールを組んだことで、HP開発のはざまにちょっと生まれた余裕が奏功したのかなと思います。

  • https://www.kamakuraim.jp/information/yuibiyori/

まさやん
皆さん 本日はありがとうございました。
予定の時間が来たので、これくらいにしたいと思います。
皆さん、ほんとに、お疲れ様でした!



最後は、なぜか褒め合いになってしまい、お互い照れる形で座談会は終わりました。
PJをリードしてくれた社員をはじめ、それをバックアップしてくれた社員、システム開発を担ってくれたベンダーさん、PJのために力を発揮してくださったすべての皆様に心から感謝します。
今後も、HPやオンラインサービスの拡充は、継続して取組みますので、受益者の皆様からのご意見ご要望等をお待ちしています。(終わり)
(鎌倉倶楽部 まさやん)