5つのトレンド(2)

皆様、こんにちは。鎌倉投信の鎌田恭幸です。
いつも鎌倉投信のメルマガを読んでいただきありがとうございます。

先に開催された「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020」で、「結い 2101」に投票いただいたブロガーの皆様、大変ありがとうございました。私たちの、投資哲学や運用方針の普遍性、投資先選定の独自性や受益者との対話の姿勢等に対する皆様からの温かいコメントがとても励みになりました。これからも研鑽を重ね、よりよい運用商品、サービスの提供に努めます。

このように消費者が商品の価値を独自に評価し、企業や社会に影響を与えるようになったことも大きなトレンドの一つで、次回のメルマガで触れたいと思います。今回は、前回のメルマガで紹介した私個人が身近に感じている不可逆的なトレンド5つの中から「技術革新」についてお伝えします。

技術革新といっても、環境、エネルギー、バイオ、ナノテクノロジー等、分野は多岐にわたります。なかでも社会や経済の構造を劇的に変え、新たな秩序をもたらす技術といえば、いうまでもなくAI、モノのインターネット化(IOT)、5Gといった情報関連技術でしょう。こうした領域における技術革新は今後も加速し、2030年頃には、情報通信企業等が開発を進める高速通信基盤が整い、その10年後には、スーパーコンピューターで1万年かかる計算をわずか数分で解くことができる量子コンピューターが汎用化される、ともいわれています。

これらによって何が起きるでしょうか。私は、大きく3つの観点からその影響力の大きさに注目しています。
一つは、様々な分野で起こる技術革新が社会に浸透するまでのスピードが加速するという点です。例えば、自動車が誕生して日本社会にある程度普及するまで80年、テレビは30年、インターネットは20年かかりましたが、スマホはわずか5年と、その浸透速度が速まっています。これは、あらゆる技術が、技術そのものではなく社会への浸透の早い情報とリンクすることによって価値化されていることと無縁ではないように感じています。

次に、これらの技術は、応用範囲が非常に広く、多様な組み合わせが考えられるという点です。例えば、人やモノ等、あらゆるものにつながった膨大な情報は、高速通信を経由してクラウド上に蓄積され、AI解析によって瞬時に価値化されます。そして、その応用分野は、自動運転、遠隔医療、医薬品開発、教育、気象変動予測、農業、防災・防犯など全ての産業におよぶといってもよいでしょう。そこから思いもよらない応用分野も生まれてくるかもしれません。

最後に、リアル(現実)とバーチャル(仮想)が高度に融合することによって、距離や場所、コミュニケーションの概念が一変するという点です。足元のコロナ禍で広まったリモートワークもその現象の一つですが、住まいと職場との関係、人生と仕事との関係、人と社会の関わり方等、人を取り巻く様々な関係性が再構築されているようにも感じます。

こうした技術革新による潮流は逆戻りすることはありません。今までの20年よりもこれからの20年の変化が格段に早まることは間違いないでしょう。足元、30年ぶりに高値を更新した株価水準の議論が盛んです。目先の株価ではなく、こうした大きなトレンドの先にある世界観を見誤らないようにしたいものです。


(本記事はメールマガジンの再掲です)
鎌倉投信がお届けする「心を結ぶ」メールマガジン。是非ご登録ください。
登録フォームはこちら