「『敬意』という会社の資質」「新春セミナー企画」

(本記事は毎週金曜日に発行しているメールマガジンの再掲です)

最新の内容をお読みになりたい方は、メールマガジンにご登録ください。
>>登録フォームはこちら

◇◆◇━2021年11月26日━
「敬意」という会社の資質
━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

皆様、こんにちは。鎌倉投信の鎌田恭幸です。
いつも鎌倉投信のメルマガを読んでいただき、ありがとうございます。

先日、名書ビジョナリーカンパニーシリーズの最新版、ビジョナリーカンパニーZERO(著者:ジム・コリンズ、ビル・ラジアー)を読みました。
ゼロから事業を生み出し、高い収益力を持ち、指導的立場で市場を形づくり、人々から賞賛と尊敬を受け、持続的に健全であり続ける偉大で永続的な会社を研究し、その偉大さを実現するために不可欠な要素を記した本です。

本書では、偉大な経営者の誰もが、「偉大な会社を創る秘宝などない」と口にする、としながらも、偉大な会社に共通するものとして次の要素を挙げています。
「いい会社」を観る上で、また鎌倉投信がこれからの発展を見据える上で、とても参考になりました。
(1)偉大な企業を創った経営者は、普通の人より賢かったわけでも、カリスマ起業家という特殊な集団に属したわけでもない
(2)ビジョンを持つこと
(3)優れた戦略的意思決定をすること
(4)イノベーティブにやり続けること
(5)そして、立てた戦略をしっかりと遂行すること

一方で、著者が結論付けた「成功の究極の秘訣」については、少し意外に思いつつも、「やはりそうなのか」と、確信を深める内容でした。

その究極の秘訣とは、「敬意」です。

「究極の秘訣があるとすれば、それは敬意だろう。
偉大な企業は敬意という基礎の上に築かれる。
顧客に敬意を払い、自らに敬意を払い、お互いの関係性に敬意を払う。
何より重要なのは、社員に敬意を払うことだ。
・・・突き詰めると、偉大な企業の社員が一貫して卓越した戦術の遂行を成し遂げるのは、彼らに敬意を払い、その力があると誰かが信じているからだ。
このような敬意から、あらゆる人に尊敬される企業が生まれる」(著者)

真理だと思います。

名門企業の凋落は、しばしば、傲慢さ、規律なき拡大、リスク認識の甘さ等からはじまります。
その大元を辿れば、敬意の欠落でしょう。
鎌倉投信が投資先の「いい会社」を選定する際、現場に足を運び、経営者と極力会う機会をふやすのは、こうしたことを察知するため、ともいえるでしょう。

「会社が追跡すべき最も重要な指標は、売上高や利益資本収益性やキャッシュフローではない。
バス(会社)の重要な座席のうち、そこにふさわしい人財で埋まっている割合だ。
適切な人財を確保できるかにすべてがかかっている」(著者)

この「何をなすかではなく、誰とおこなうかが重要である」という著者の視点は、本著のシリーズ1から一貫して変わりません。
ここで、バス(会社)に乗せる人の条件こそが、「敬意ある人」なのだ、と感じました。

◇◆◇━2021年12月3日━
新春セミナー企画
━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

皆様、こんにちは。鎌倉投信の鎌田恭幸です。
いつも鎌倉投信のメルマガを読んでいただき、ありがとうございます。

師走を迎え、今年も残すところひと月となりました。
あっという間の一年で、来年に向けてどのような催しをおこなうか、といった議論も社内で活発になっています。
その一つが、新春開催予定のセミナー企画です。

新春のセミナーでは、コロナ禍で不安定な市場環境が続く中で、運用で失敗しないために大切なこと、資産運用の成功の鍵、について受益者の皆さんと共に考えてみたいと思っています。

そして、数多ある投資関連書籍の中で、私の中で、こうした資産運用の本質に関わるテーマを紐解くバイブルといえば、「敗者のゲーム ~なぜ資産運用に勝てないのか~」(チャールズ・エリス著、日本経済新聞社)でしょう。
資産運用にしっかり取組みたい方には、是非手元においていただきたい本で、私自身も幾度となく読み返しています。

本著では、資産運用の目的、資産運用で知っておくべき基本知識、個人投資家が実践する際の心構えなどが書かれていて、新春セミナーのテーマに通じる内容が少なくありません。
そして、著者が本著で示す資産運用の成功の鍵は、突き詰めれば、次の二つでしょう。
(1)感情を排除すること
(2)シンプルな投資の実践
です。この点について、私もまったく同感であり、資産運用の本質だと実感しています。

この二つを実践することは、一見簡単そうに見えますが、実際には、容易ではありません。
市場が下落して不安を感じる時に売りたくなったり、色々な金融商品に目移りして売買を繰り返したり、あるいは、目先の利益を追い求めたりするなど、人の心理がそれを邪魔するのです。
こうした場合は、逆に、先ず「やらない原則を決める」ことが効果的かもしれません。

例えば、シンプルな「やらない原則」とは、
(1)金融機関から勧められたという理由で購入しない
(2)新しい金融商品に飛びつかない
(3)理解できない複雑な金融商品を購入しない
(4)投資タイミングを狙わない
(5)税制優遇を判断基準にしない
などです。これだけで成功確率はかなり高まるのではないでしょうか。

私自身も、新春セミナーの機会に、改めて、運用で失敗しないために大切なこと、資産運用の成功の鍵、について考えてみたいと思います。

詳細はこちら:
1月15日(土)10:30~11:30
【新春セミナー】資産運用で失敗しないために大切なこと ~心穏やかにシンプルな投資を続けるには?~
https://www.kamakuraim.jp/events/detail/---id-122.html
(本記事は毎週金曜日に発行しているメールマガジンの再掲です)

鎌倉投信がお届けする「心を結ぶ」メールマガジン。是非ご登録ください。
>>登録フォームはこちら