「いい会社」のいいモノ ~私のアイテム(ほぼ日)~

商品を購入したりサービスを利用したりするとき、何がいいのか悩みますよね。そんな時は「結い 2101」投資先の「いい会社」を意識してみませんか?

当社役職員が愛用している“「いい会社」のいいモノ”。
今回は、鎌倉倶楽部(お客様窓口)の竹上さんにインタビューしました。
  • 最初の記入は家族全員の誕生日から、という竹上さん。


――― “ほぼ日手帳”を利用しているんですね。
手帳へのこだわりは特にありませんでしたので、色んなメーカーの手帳を利用しています。
2022年度分は、私の妻が利用している“ほぼ日手帳”を購入しました。

――― なぜ“ほぼ日手帳”を購入したのですか?
購入のポイントは、利用目的にあわせたアレンジがしやすいという点です。
私は、ほぼ日刊 で、職場や家族、交友関係との会話の内容をイラスト日記にして書き起こします。スケジュールを見ながら日記を読み返すと、当時の考え方を反省するなど、思考を整理するきっかけにもなるので、とにかく「感情豊かに」を心がけています。スケジュールよりも日記を重視しているわけではありませんが(笑)
そうそう、ほぼ日手帳ユーザーのイラスト日記をWebで検索すると、とても楽しそうな画像がたくさん出てきたので、「来年は、ほぼ日手帳に決定!」ということです。

手帳は、使いやすさと見やすさに留まらず、“ほぼ日手帳”の様な「楽しさ」を表現するツールでもあると思います。
―――

次回をお楽しみに!
[関連記事]
#いい会社のいいモノ

月次運用報告書「結いだより」142号掲載:https://www.kamakuraim.jp/document/monthly-report/
「いい会社」企業情報