いい会社のいいモノ 食の多様性を支えるいいモノ

近くのスーパーや、街なかのカフェを歩いていても「ヴィーガン」「グルテンフリー」といった単語をよく目にするようになりました。
私はお菓子作りが趣味で、週末にはよくお菓子をつくっています。
友人にヴィーガン(完全菜食主義者)の方がいるので、最近はやりのヴィーガン菓子に挑戦してみました。

焼き菓子を作る際になんといっても欠かせないのがバター。
最近は、小麦の原材料価格高騰の影響もダメージが大きいですが、焼き菓子に動物性のバターを使えないというのは、なかなか深刻な問題です。
バターの代わりに、使えそうなものを探していたところ、こんなものを発見しました。


かどやのごま油(純白)「お菓子に使えます!」
改めてごま油について調べてみると、バラエティに富んでいて感動しました。
  • (同社HPより抜粋)

私自身、ごま油は中華料理等に使うイメージが強かったので、白いゴマ油を発見し、「こんな料理にも使えそうだなぁ」「あれにも入れてみると合うかも!」などと、食のレパートリーが広がったような感じがして、ひとりで興奮しておりました。

そうそう、あと必要そうなものといえば、牛乳。
しかし、ヴィーガン菓子に動物性の牛乳は使えないため、代替できるものを探していると…
おや。
カゴメさん、こんなものも作っていたのか!
トマトジュースや野菜ジュースの印象が強かったので、本当においしいのかなぁと少しばかり疑念が…。
まず、味見してみようと思い、小さいサイズのものを購入。
家に帰って飲んでみたところ、少し味見するつもりが、あっという間に飲み終わってしまい、すぐにスーパーに戻り、1Lのものを買い直しました。
最初から大きな方を買っておけば…と後悔。
おいしさを疑ってしまった…、カゴメさん、ごめんなさい…。

材料はそろったので、さっそく本題のお菓子作りへ取り掛かります。
今回作るのは、黒ゴマのパウンドケーキです。
以下にレシピを掲載します。
作り方は、とってもシンプルで簡単なので、みなさんもぜひ作ってみてくださいね。



【レシピ】

かどやのごま油とカゴメのソイミルクを使った「ヴィーガンパウンドケーキ」
【材料】
砂糖(甜菜糖)…50 g
すりごま(かどや)…20 g
白ごま油(かどや)…50 g
ソイミルク(カゴメ)…70 g
はちみつ(オリゴ糖などで代用可)…20 g
小麦粉(グルテンフリーの場合は米粉可)…100 g
ベーキングパウダー…5 g

【作り方】
1.上記の材料を順番にボウルに混ぜ合わせ、パウンドケーキ型に流し込む。
2.180℃に余熱したオーブンで30分~40分焼く。
(すぎちゃん)
「いい会社」企業情報