家族で楽しめる受益者総会

毎週木曜日は、定例会議の日です。参加メンバーは社員全員。だれもが自由に意見を出し合って議論します。この日ばかりは、”いい会社”を探し求めて外を飛び回っている運用責任者の新井もオフィスに常駐し、たまった書類や情報をせっせと整理しています。

今日の会議の主な議題は、受益者総会、ホームページのリニューアル、今後のマーケティング戦略などについてでした。

お約束した通り、今年も「受益者総会」を開催します!
基本コンセプトは、「家族で楽しめる受益者総会」にしたいと思っています。

昨年、「結い 2101」の決算直後、真夏の7月に丸一日かけて行いました。
皆さまから、暑い、決算報告書が手元に届いてからの方が話を聞きやすい、長時間でお尻が痛い・・・等、様々なご意見がありました。

今年は、そうしたご意見を踏まえながら、9月~10月の週末のどこかで、半日程度、自由に出入りしやすいプログラム構成で行いたいと思っています。また、「投資というと危ないものという印象があってなかなか家族にも言えないけど、この受益者総会であれば奥さん(ご主人)や子供と一緒に参加したい」という受益者さんもたくさんいらっしゃいました。

じつは昨年の受益者総会の中で、この言葉が私たちの心に一番印象に残った一言だったかもしれません。

そこで、今年の基本コンセプトは、「家族で楽しめる受益者総会」にしたいと思っています。
もちろん、運用報告、投資家(受益者の皆さん)と投資先の”いい会社”を結ぶというKeyコンテンツに変わりはありません。
投資先の”いい会社”もだいぶ増えましたのでブースもにぎやかになると思います。

場所はもっか山田が色々な場所を比較検討中です。

運用責任者の新井のこだわりは参加者、つまり、受益者の皆さんとそのご家族、投資先の”いい会社”、鎌倉投信の一体感です。だから雛段があるような会場はNGです。
私のこだわりは、「場」全体の空間の雰囲気。
こんな好き勝手な意見を踏まえながら、一方で予算を見ながら山田が頭を抱えています。

ウォーレン・バフェットが会長を務める世界最大の投資持株会社Berkshire Hathaway の株主総会は、Berkshireとその株主、投資先の会社がとてもうちとけて、皆が笑顔に包まれた素晴らしい「場」だと思います。

鎌倉投信の受益者総会は、それには遠く及びませんが、一歩一歩前進したいと思っています。

皆さんからのご意見、ご要望も大歓迎です!
是非、メール等でお寄せください。