静かに進化し続けるいい会社「萩原工業」(その3)


毎週発行しているメールマガジンの内容をブログ形式で発信しています。
お楽しみください。

写真

皆様、こんにちは。鎌倉投信の鎌田恭幸です。

いつも鎌倉投信のメルマガを読んでいただきありがとうございます。

早いもので、受益者総会(R)お知らせの時期になりました。10回目となる今年は、「『人』すべてはひとりの想いから 〜社会課題解決を使命に変えた経営者と感動商品を生む社員たち〜」をテーマに、9月21日(土)に京都の国立京都国際会館で開催します。
プログラムは、こちらを参照ください。
https://www.kamakuraim.jp/post-99854/

受益者の皆様の、心が満たされる「場」にしたい、と社員が一所懸命準備を進めていますので、是非ご家族連れで参加ください。特に、学生さんにとっては、またとない機会になると思います。

受益者総会への想いや、今回の総会で特に伝えたいことなどは、改めてお話するとして、今回も先週に続いて、「結い 2101」が投資する萩原工業(株)の浅野社長による「いい会社の経営者講演」で感じたことです。

前回のメルマガのとおり、萩原工業さんを知るきっかけは、「日本でいちばん大切にしたい会社大賞(主催:人を大切にする経営学会)」で、同社が最高賞となる経済産業大臣賞を受賞したことでした。この賞は、企業が大切にすべき ①従業員とその家族、②外注先・仕入先、③顧客、④地域社会、⑤株主等、会社を取巻く人を幸せにする取組みを、実践する会社の中から、特に優良とされる企業を表彰するものです。その選考ハードルは高く、過去5年以上にわたって、解雇や退職勧奨をしていない、外注仕入先等にコストダウンを強制していない、障碍者雇用の実践、それでいて継続的に一定の利益水準を確保している、等が最低限求められる条件です。その中でも総合的に高い評価を得たのが萩原工業さんでした。
審査員からは、特に特徴のある事象として、以下の4つが紹介されました。

①社員の雇用と生活を大切にし、どんな厳しい時代であっても、社員のリストラをしない経営姿勢
②社長室には、社員に関するメモが入った全社員の顔写真が貼ってあり、社員の誕生日には、社長自らが手書きのメッセージカードを添えたバウムクーヘンをプレゼントしている。
③特別な理由がない限り生活が安定する正社員として雇用し、その比率は、86.9%と製造業の中では高い。
④社員一人あたりの月間所定外労働時間は、7時間程度。

ある方から聞いたのですが、この賞を他薦する際、萩原会長は、はじめ辞退されたそうです。なぜなら、以前、社員の一人が労災事故で亡くなられているからです。「このような過去のある萩原工業は、この賞に値しない」と、いう理由でした。しかし、一方で、「この不幸な事故を機に、会社は本気で変わった」、と浅野社長は、当時を振返ります。経済産業大臣賞を受賞した後、萩原会長は、ご遺族に受賞の報告をされ、とても喜ばれたそうです。

長い社歴の中では、本当に経営が厳しく、銀行が手助けしてくれない時もあったようです。その当時、番頭役の専務が資金繰りに奔走して雇用を守ったと伺いました。そうした時期を乗り越えた今は、トップ自ら現場を廻り、社員一人ひとりに声をかけたり、顔を思い浮かべながらメッセージを添えて誕生日を祝ったりしています。こうした地道なことを当たり前に実践し続けることは、容易ではないでしょう。離職率1%、平均勤続年数17年という実績は、いざという時の決断とコツコツとした日頃の努力の賜物なのだと感じます。(つづく)

※受益者総会とは、鎌倉投信が運用・販売する投資信託「結い 2101」の受益者の皆様に、「結い 2101」の決算、運用状況をよりよくお伝えするため、また重大な約款変更等の承認事項の説明のため、さらには、受益者、投資先企業、運用者が結ばれる場として、鎌倉投信が独自に、原則として年に一度、決算後に定期開催するものです。受益者総会は、鎌倉投信の登録商標です。

鎌倉投信がお届けする「心を結ぶ」メールマガジン。是非ご登録ください。
登録フォームはこちら


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。