「すべてはひとりの想いから」受益者総会(その1)


毎週発行しているメールマガジンの内容をブログ形式で発信しています。
お楽しみください。

写真

皆様、こんにちは。鎌倉投信の鎌田恭幸です。

いつも鎌倉投信のメルマガを読んでいただきありがとうございます。

4月26日のメルマガでも伝えましたが、「結い 2101」の受益者総会に向けた準備が本格化し、申込受付を始めています。今年のテーマは、「『人』すべてはひとりの想いから ~社会課題解決を使命に変えた経営者と感動商品を生む社員たち~」です。

プログラムの詳細はこちらです↓↓↓
https://pskimst04.blob.core.windows.net/wpmedia/bmeeting2019.pdf

とても盛りだくさんの内容で、全ての受益者に参加いただきたいのですが、次のお客様には、特にお勧めです。
・テーマに関心を持っているお客様
・まだ受益者総会に1度も参加されたことのないお客様
・ここ数年、市場環境が厳しい中で投資いただいたお客様
・京都で開催するので西日本にお住いのお客様
・ご家族連れ(特に高校生や大学生等がいるご家庭) 等

社内の受益者総会ワーキング・チームのメンバーである、鞘本、橋本、齋藤、加藤が議論を重ね、10回目となる受益者総会のテーマをこれにしたのは、「一人ひとりの想いが実現する社会になってきたこと」、「社会課題解決が企業活動の中核に据えられるようになってきたこと」と、「鎌倉投信自身が事業を通じて実現しようとしているビジョン」との重なりを感じているからだと思います。個人的にも、とてもいいテーマだと感じました。

リーマンショック直後の2008年11月、前職の同僚とともに鎌倉投信を設立し、今年で11年目になります。この間、私自身が、様々な分野で活躍する人たちや経営者らと触れ合う中で感じていることがあります。それは、「あらゆる事業、あらゆる商品やサービスの創造は、あらゆる社会変革は、元をたどれば、すべてたったひとりの想いから始まっている」ということです。そうした人たちの、何かを実現しようとする想いの強さ、それに向けて一歩踏み出し、想いを行動に変える勇気、困難な状況下でもあきらめない粘り強さ、に触れ、私自身が、どれだけ勇気づけられたかわかりません。その感覚を多くのお客様とも共有できたら嬉しいです。

この10年で起きている大きな社会的うねりは、「社会課題を解決することを、事業の中心に据える動き」でしょう。経営学において社会価値創造の重要性が謳われはじめた他、2015年に国連が批准したSDGs、資本市場におけるESG投資が、世界的に認知され始めました。しかし、こうした動きは表面的なもので、その根底には、自分たちの事業、商品・サービスを通じて「社会をよくしたい」と純粋に考える経営者や社員がふえていること、モノ、サービスにあふれた成熟経済の中では社会課題の解決の中にこそ利益の源泉の本質があると考えます。

こうした時代変化の先端を走る企業の代表が、今回の登壇予定の2社、「ミドリムシで人と地球を健康にする」ユーグレナ、eラーニング教材「すらら」を通じて「所得格差と教育機会格差の負のスパイラルを断ち切る」すららネットでしょう。また、プログラムには入れていませんが、このテーマにふさわしい投資先が来場されたら、ご紹介したいと思っています。

そして、たったひとりの想いから新たな価値を創造する人は、経営者だけではありません。社員もその主役です。今回、私たちにとっても身近な会社、カゴメ、ビジョン、小林製薬の社員さん達が商品開発等に込める想いを話してくださいます。ピジョンの社員 板垣さんと当社の齋藤との事前打合せの様子を「結いブログ」に掲載しましたのでご覧ください。楽しいです↓↓↓
結いブログ:「パネルディスカッションの打合せで、ピジョンさんにお伺いしました!」
https://www.kamakuraim.jp/post-103754/

心から満足いただける総会にしたいと思います。
次回以降のメルマガで、個々の見どころをお伝えします。(つづく)

鎌倉投信がお届けする「心を結ぶ」メールマガジン。是非ご登録ください。
登録フォームはこちら


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。