【結いブログ】受益者総会プロジェクト(かとう)

9月21日(土)に、国立京都国際会館で第10回「結い 2101」受益者総会を開催します。
テーマは「人」すべてはひとりの想いから 〜社会課題解決を使命に変えた経営者と感動商品を生む社員たち〜 です。

桜の開花のころ、受益者総会のプロジェクトが始まりました。
資産運用部、鎌倉倶楽部そして総務部の少人数でプロジェクトチームを立ち上げ、テーマを決め、投資先企業様に講演や企業展示をお願いする準備をしました。
パンフレットを作ったり、案内の手紙などを準備したりしているうちにあっという間に申し込み開始となりました。
いろんな企画を考え、せっかく足を運んでくださる皆様に鎌倉投信が目指す三つの「わ」を感じられる場を作れたらと願いながら日々悩み、そして自分たちも楽しみながら準備をしています。

昨年までは創業者の一人であり社長でもある鎌田が壇上で、皆様へメッセージを送り、ファシリテーターをしてきました。
今年はなんと、全部社員でやります!
運用報告は今年1月入社の橋本。当社一番の若手です。
「いい会社」の経営者対談のファシリテーターはチーフファンドマネージャーの鞘本。
昨年横浜で開催された第9回受益者総会に参加された方々はご存知かと思いますが、今年もすばらしい経営者の皆様から素敵なお話を伺います。
「いい会社」の社員さんとのパネルディスカッションでは鎌倉倶楽部の齋藤が務めます。齋藤は新卒で鎌倉投信に入社して丸5年。中堅どころで頑張っています。
司会は同じく鎌倉倶楽部の清水が務めます。清水はなかなかの美声です。お楽しみに。
社長の鎌田が全く登場しない受益者総会、私たちもワクワクしながら準備しています。
あと2か月半…次回は企業展示について紹介します。


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。