【結いブログ】受益者総会プロジェクト_企業展示編第2弾(かとう)

先日、これまでの受益者総会をまとめた動画を作成しました。
プロジェクトチームでは、第1回目から9回目までの撮り溜めた写真をすべて見直し、思い出深いものをつなげました。
皆様にもご覧いただければ幸いです。

動画はこちらから↓↓
https://www.kamakuraim.jp/bm-movie/

私は社員の中で一番古株なので、第2回受益者総会から運営に携わってきました。それぞれの回にたくさんの思い出が詰まっています。
写真を選びながら、全く色褪せずにその時の風景が心に残っていることに少しばかり驚きを感じました。
鎌倉・建長寺で開催した際は、役職員8名でしたので、ボランティアの皆様にたくさん助けていただきました。
今は当社も倍の人数になりましたが、それでも変わらず毎年ボランティアの皆様に運営をサポートしていただいています。

受益者総会に足を運んでくださる方々が増え、横浜港大さん橋ホールと国立京都国際会館の会場で1年ごとに交互に開催するパターンになり、企業展示スペースも少しずつ拡大することができました。
前回のブログでも触れましたが、受益者の皆様と投資先企業の皆様が集える場で、皆様が「結い 2101」を通じて、どんな会社に投資されているか、ご覧いただけたらと願います。

「リスクとは見えないものに投資すること」見える関係を大切にしたいと願う私たちは、鎌倉投信の志である3つの「わ」を育む場をしっかり実現できるよう頑張っていきます。
まだまだ、受益者の皆様や企業展示に協力くださる投資先企業の皆様にもご満足いただける場にはなっていないかもしれませんが、受益者の皆様にはぜひ、ブースにいらっしゃる社員さんたちと「話」を楽しんでください。
そして、今年は企業展示に参加されませんが、会場に来てくださる投資先企業の社員さんたちもいらっしゃいます。会場内でどうぞ「輪」を育んでください。
私たち職員で「和」の空間が実現できるように、精一杯おもてなしします。

なお、まだ受益者総会の申し込みを受け付けていますので、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

お申込みはこちらから↓↓
https://www.kamakuraim.jp/post-99854/

当社の志である3つの「わ」

和:日本の普遍的な価値を感じることができる「場」
輪:人が集い、言葉が集い、夢が集い、そしてその場が広がる「場」
話:会話や言葉に溢れ、夢や希望を分かち合う「場」


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。