「初心者向け勉強会」について


毎週発行しているメールマガジンの内容をブログ形式で発信しています。
お楽しみください。

写真

皆様、こんにちは。鎌倉投信の鎌田恭幸です。

いつも鎌倉投信のメルマガを読んでいただきありがとうございます。

鎌倉投信では、創業当初から10年近くにわたって、定期的に「鎌倉投信と『結い 2101』の説明会」や「運用報告会」などを開催しています。
このところの猛暑の中でも、額に汗しながら参加くださる皆様に、
心から感謝します。本当にありがとうございます。

こうした説明会等に加えて、1年ほど前から、主に受益者(「結い2101」を購入いただいているお客様)向けに、いま一度投資信託の仕組みや税制、投資の基礎知識を学んでいただこうと、
「初心者向け勉強会(以下、勉強会)」を開催しています。

勉強会は、受益者だけではなく、まだお取引のないお客様にも参加いただける催しです。
参加者の皆様からは、「既に投資をしているが、あらためて投資信託の仕組みや税制について理解が深まったので参加してよかった」、「投資を始める前に、ある程度の知識を学べてよかった」等の声をいただき、とても好評ですので、どうか気楽に参加してください。
開催日程は、こちらをご覧ください。↓↓↓
https://www.kamakuraim.jp/events/

勉強会の講師は、主に鎌倉倶楽部の、竹上、斉藤が担当していますが、先日は私も受け持ちました。
その中で、基礎的な情報提供に加えて、特に私が参加者に持ち帰って欲しいと意識して伝えたことは、
主に二つです。
「『目的と目標』と『分かりやすい実践方法(戦略)』を自分なりに考えていただくこと」です。

今、夏の甲子園が開催されていますが、おそらく全ての出場選手は、まず甲子園に出るという目標を掲げ、練習プランを考え、日々鍛錬してきたことでしょう。
投資においても同様で、「目的・目標」のない人で、投資でいい成果を出し続ける人を私は知りません。推察するに、目的・目標のない人は、市場変動や一時期の含み損益等といった、いわば『神様が与える試練』を乗り越えて、継続し続けることが難しいからでしょう。

投資に関わる日米の様々な意識調査を見ると、米国における投資目的の一位は、「老後のための資産形成」が、ほぼ100%を占めるのに対し、日本は、「特に目的はない」が、半数近くを占めます。日本人は投資での成功体験が少ない、とよくいわれる背景の一つに、投資を始める段階で、「目的と目標を持たずにすぐに結果が出る(お金がふえる)ことを期待する」考えがあるように感じています。
勉強会が、この「目的と目標」について、考えるきっかけになればありがたいです。

鎌倉投信がお届けする「心を結ぶ」メールマガジン。是非ご登録ください。
登録フォームはこちら


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。