運用で失敗しないために大切なこと(その11)


毎週発行しているメールマガジンの内容をブログ形式で発信しています。
お楽しみください。

写真

皆様、こんにちは。鎌倉投信の鎌田恭幸です。
いつも鎌倉投信のメルマガを読んでいただきありがとうございます。

さて、先週のメルマガでは、運用で失敗しないために大切な点として、資産の配分(分散投資)と、その要になる「株式と債券の割合」についてお伝えしました。

今回は、資産配分を決めた後の次のステップとなる、「実際に投資する商品等(投資信託等)の配分(分散)について」です。

ここで基本となる考え方は、
(1)「異なる運用手法や収益特性を持つ運用商品の配分(分散)」と、
(2)その考え方の背景にある「コア・サテライト運用」という視点について、です。
運用の枠組みがここまで整理され、実践できたら、運用で成功する可能性はかなり高まるといえるでしょう。

まず、(1)の異なる運用手法を持つ運用商品の配分(分散)を考えるときに基本となる分類の大枠に、「インデックス運用」と「アクティブ運用」があります。

インデックス運用とは、目安となる指標(ベンチマーク※:TOPIXや日経平均株価といった指数)を設けて、それに連動することを目指す運用をいい、

アクティブ運用とは、主にベンチマークを上回るリターン(超過リターン)を目指す運用手法などのことをいいます。

※ベンチマークとは:運用商品の成果を評価する際に用いられる指標のことです。
日本株式に投資する投資信託であれば、TOPIX(東証一部株価指数)や日経平均株価指数などが用いられます。
※「結い 2101」が、なぜベンチマークを設定していないのか、については、「結いだより」2月号の運用コラム(P8)をご覧ください。
https://pskimst04.blob.core.windows.net/wpmedia/yuidayori202002.pdf

インデックス運用の場合、基本的に投資対象となる国や地域、市場の値動きを再現するために、そこに含まれる株式や債券の大多数を相似形で保有しますので、
運用商品の中で広く投資先が分散され、(企業調査等の手間が不要なため)手数料等が安いといったよさがある一方で、
リターン(収益率)は、プラスもマイナスもベンチマークに連動した動きになります。
この運用手法は、市場に委ねる運用という意味で「パッシブ(消極的)運用」といわれることもあります。

一方で、アクティブ運用は、ベンチマークを上回る運用成果を期待目指す運用手法をいいます。

次週は、「インデックス運用」と「アクティブ運用」についてもう少し踏み込んでみたいと思います。(つづく)
鎌倉投信がお届けする「心を結ぶ」メールマガジン。是非ご登録ください。
登録フォームはこちら


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。