自分が大切にする価値軸


毎週発行しているメールマガジンの内容をブログ形式で発信しています。
お楽しみください。

写真

皆様、こんにちは。鎌倉投信の鎌田恭幸です。
いつも鎌倉投信のメルマガを読んでいただきありがとうございます。

今から9年前のこの時期、日本の経済、株式市場は、東日本大震災の直後で大混乱の真っただ中でした。日本の株式市場はパニックで売りが集中し、TOPIX(東証一部株価指数)は、震災直後の僅か2営業日で20%近く急落しました。
そのような状況のなか、当時約700名の「結い 2101」の受益者の皆様はパニック売りとは真逆の投資行動をされました。震災直後の1週間の購入件数は約90件と、概ね10人に一人が資金を投じてくださる一方で、解約件数はゼロでした。

「こうした困難な状況だからこそ『いい会社』を応援したい」といった受益者の皆様からいただいた声に心震えたことを今でも忘れることができません。投資先企業の皆さんもこうした声と行動に随分と励まされたようでした。その想いがしたためられた投資先の社長からの返謝のお便りを読んだ時、「お金には色はない。しかし、使う人の想いはお金を通じても伝わる。そこで築かれる『信頼』こそが、お金の本質、『信こそが貨幣』なのだ」と感じたものです。

「金融を通じて平和への祈りを捧げる」
日々金融の仕事に向き合いながら意識する私のこの想いは、東日本大震災が起きたこの時期になるといつも呼び覚まされます。
そして、結果論ですが、この混乱の最中に投資くださった受益者は、この10年間を振り返れば最も良好な運用成果につながっています。ここで感じることは、市場の値動きに流されるのではなく、「自分が大切にする価値軸をもって判断をする」ことの大切さでしょう。このことは、今回のコロナショックを含め、いかなる時代、いかなる局面においても、更にいえば人生における時々の選択においても通じる普遍的な真理だと思います。混沌とした時代であればあるほど「自分が大切にする価値軸」が問われるのです。

1990年代以降の数十年を振り返ると、世界の金融・経済危機、様々な自然災害、新型コロナウイルスのようなパンデミック等の発生頻度がふえ、その規模が大きくなっているように感じます。そうした現象の中に、一体どのようなメッセージが込められているのだろうか、と考えることがあります。新型コロナウイルスは、人類にとってみれば確かに脅威でしょう。しかし、この数十年で起きたこうした自然現象の立場から人の営みをみたとき、むしろ人類の営みそのものが、全体の調和を乱す脅威ではないのか、と感じることが少なくありません。

こうした問題意識から考えると、鎌倉投信を創業した時から「投資家の資産形成を社会の持続的発展の両立をめざす」というビジョンを掲げ、(自然を含めた)社会との調和の上に発展する「いい会社」に投資し続ける、という「結い 2101」の運用の基本方針は、方向性として間違っていないと感じます。これからその重要性は更に高まるでしょう。経済の規模的拡大を優先してきた金融の今世紀以降のミッションは、「社会の持続的発展への貢献」「経済の規模的拡大よりもむしろ(自然を含めた)社会の質的発展」であり、それが投資家の資産形成にもつながっていくと感じています。これもまた鎌倉投信が大切にする価値軸なのだと思います。

鎌倉投信がお届けする「心を結ぶ」メールマガジン。是非ご登録ください。
登録フォームはこちら


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。