季節は写る(かんちゃん)

このところ、世の中が激しく動き、これまでの常識が通用しない、とても不安定な状況に陥っています。

そんな折、今年も本社屋の桜が咲きました。

どうやら、季節はいつもどおりのペースで巡っているようです。そのことを実感し、心がふっとほぐれるような気がしました。

今年の桜は暖冬の影響を受けたのでしょうか、例年よりも早咲きのような気がします。
本社屋の桜の咲き方を見ていると、一斉に満開になっているわけではないようです。大きく咲いている花が3割~4割ある一方で、まだ咲く気配のないつぼみも同じくらい残っています。早起きに得意、不得意があるように、桜にも早咲きが苦手な花がいるのかもしれませんね。

ところで最近、私はカメラ遊びを覚えました。大して勉強などはしていませんが、レンズによって撮れる写真が大きく違うことを知ったので、レンズをとっかえひっかえしながら写りの違いを楽しんでいます。

今回、桜を撮影したのはタムロンのレンズです。
(これが一番言いたかったことです)

カメラのレンズを視野の広さという観点で分類すると、まずは視野が広く風景撮影などに適した広角レンズがあります。

その反対に、視野が狭く拡大して撮影できる望遠レンズがあります。

望遠レンズはその名のとおり、遠くのものを近寄っているかのように写すことができます。さらに、拡大して撮影できるという点を活かして、非常に小さなものに接近して大きく写すことができる機能を備えた望遠レンズもあります。これをマクロレンズといい、タムロンのマクロレンズは優れていると定評があるようです。
レンズの焦点距離が小さいほど広角、大きいほど望遠となり、○○㎜という数字で表します。たとえば、このようにiPhoneで普通に撮影した写真はおよそ30㎜相当です。

タムロンには「タムキュー」という愛称がつくほど親しまれているマクロレンズがあります。タムロンの焦点距離90㎜レンズ、という意味です。
この写真も、タムキューで撮影したものですが、いかがでしょうか。

私が揃えた機材は、S社の一眼レフカメラα300と、それに適合するAマウントという方式の中古レンズを4種類。現在のS社の主力製品は一眼レフカメラからミラーレスカメラにシフトしていることもあり、Aマウントのレンズの需要が少なくなっているので、比較的安価に揃えることができました。
カメラ本体は最近のものに比べればおもちゃみたいなものだよ、とS社のサービスマンに言われてしまうような、かなりの型落ち品ですが、それでも楽しく遊ぶことができます。
これに味をしめて、いずれは新しいカメラ本体に手を出したいという野望を抱きつつ、まずは家庭円満に心血を注いでいこうと思いなおす、そんな春です。
(ファンド管理部 かんちゃん)


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。