「志」「信条」「理念」


毎週発行しているメールマガジンの内容をブログ形式で発信しています。
お楽しみください。

写真

皆様、こんにちは。鎌倉投信の鎌田恭幸です。
いつも鎌倉投信のメルマガを読んでいただきありがとうございます。

先日開催した、オンラインでの運用報告会では、日本全国から450名近い受益者の皆様にお申し込みいただき、大変ありがとうございました。1時間という限られた時間でしたので、充分にお伝えすることができなかったことや、電波状態などの影響でアクセスしにくい状況があったことをお詫びします。今後の運営の中で、可能な限り改善します。また、ご質問も多数いただきありがとうございました。その場で、全てにお答えすることができませんでしたので、主だった質問については、月次の運用報告書「結いだより」等で回答したいと思います。

さて、運用報告会でも触れましたが、この3月末で創業から一つの節目である丸10年を迎えました。本来であれば、しっかり時間をとって、感謝の気持ちとともに当社事業についてお伝えしたかったところですが、また改めて別の機会を設けることができたらと思います。

鎌倉投信の創業の精神や「結い 2101」の運用方針等は、創業当時から一貫して変わりません。会社の「志」として、鎌倉投信は3つの「わ」(和・話・輪)を大切にすることを謳い、時代が変わっても、大切にし、守りたいと考えた普遍的な価値観が、鎌倉投信の3つの「わ」という「信条」でした。

「和」は、日本の精神文化を表します。自然や伝統との調和によって「わ」が受け継がれることを願います。
「話」は、会話や言葉の広がりを表します。夢や希望を分かち合うことによって「わ」が広がることを願います。
「輪」は、社会や人とのつながりを表します。お互いの誠実さと知性によって「わ」がつながることを願います。

鎌倉投信は、創業当時から、これら3つの「わ」を育む「場」の創造、金融を通じてよりよいものがつながる調和ある社会の実現を目指してきました。

こうしたことを表現するために、「志」「信条」「理念」「ビジョン」などがありますが、創業から丸10年が経ち、改めて、それぞれの言葉が意味するところを、考え直しているところです。

「志」とは何か、それは自らがよって立つところ、「信念」と言葉を置き換えることができるでしょう。こうありたいという強い想いであり、自己が「存在する目的」、「存在する意味」、だと思っています。
「信条」とは、「信条を守る、信条を持つ、信条を貫く」というように、「自分が信じて守っている価値観、判断軸」をいいます。それは、会社経営や自らの行動、物事を判断する基となるもの、といえるでしょう。
自らが存在する目的が「志」であり、大切にする価値観が「信条」であるとするならば、「当社は、何に価値を置き、何を実行することによって存在目的を具現化するのか」を、企業に属する全員が共有し、具現化する目標、会社が目指す方向性を定めたものが「企業理念」であり、達成に向けた約束といえるでしょう。
そして、社内で共有した志、信条、企業理念に向けた一人ひとりの考えと行動が習慣化し、組織の中で個と個が徐々に統合されることによって企業文化となり、企業としての個性に発展していくのです。

時代が移り変わっても変わることのない本質的なものと、新たな変化を常に取り入れて融合させていく思想を「不易流行」といいます。創業から10年が経ち、この言葉の意味をじっくりと考えながら、これからの鎌倉投信を見据えたいと思っています。

鎌倉投信がお届けする「心を結ぶ」メールマガジン。是非ご登録ください。
登録フォームはこちら


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。