第9回 受益者総会Ⓡ 報告(その1)


毎週発行しているメールマガジンの内容をブログ形式で発信しています。
お楽しみください。

写真

皆様、こんにちは。鎌倉投信の鎌田恭幸です。

先週9月22日(土)、鎌倉投信は、横浜大さん橋ホールで「結い 2101」の受益者総会を開催しました。無事に終えることができたのもひとえに、来場いただいた受益者の皆様、Webで視聴いただいた受益者の皆様、講演や企業展示に協力いただいた投資先・取引先の皆様、運営をサポートいただいたボランティアの皆様のご尽力、そして一所懸命運営してくれた全ての社員のお陰です。皆様に心から感謝します。
至らない点も多分にあったと思いますが、いただいた意見・感想等をふまえ、10回目となる来年の受益者総会をよりよいものにしていきます。

さて、今回のテーマは、「『人』~世代を超えて想いを結(つな)ぐ~」でした。
ファンドマネージャーの鞘本より「結い 2101」の決算・運用報告をおこなった後、このテーマに沿って、伊那食品工業(本社:長野県 非上場 寒天を素材にした食品等の製造・販売,投資先ではありませんが、日頃から大変お世話になっている会社です)の塚越副社長、コタの小田社長(本社:京都府 東証一部上場 美容室向の頭髪用化粧品を製造・販売)による講演・パネルディスカッション等をおこない、最後に私から鎌倉投信のこれから、について話をさせていただきました。

偶然ですが、登壇いただいた2社、「いい会社をつくりましょう」を社是とする伊那食品工業さんと、「いい会社を目指し続ける」を基本理念とするコタさん、そして、「いい会社をふやしましょう」を合言葉にする鎌倉投信は、「いい会社」という共通点があります。

そして、お二人の話の中から浮かびあがる「いい会社」の共通項は、次のとおりでした。
一つ目は、経営判断の優先順位の中に「利益」という概念が存在しません。伊那食品工業さんは、利益は健全な経営をしていたら自然と出るもの、といい、コタさんは、「損得ではなく 善悪で判断する」ことを徹底しています。
次に、会社が大切にしている経営理念を全役職員と「共有」することを強く意識していること。
そして最後に、取引先を大切にし、共存共栄型の経営を実践している、ということでした。社員が会社を大好き、という点も共通項といえるでしょう。

いずれも一朝一夕にできることではなく、長年の努力の積重ねであることはいうまでもありません。そうした学びについて、私なりに感じたことを、次回以降のメルマガで伝えたいと思います。(つづく)

※受益者総会は、鎌倉投信の登録商標です。


資産運用に関する注意事項

投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象にはなりません。 また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でもありません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 本ホームページに記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。 また、いずれも将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • 本ホームページに記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありません。 また、本ホームページは、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ホームページの使用権は、鎌倉投信に帰属します。
  • 「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面および金融商品の販売等に 関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、 必ずお受け取りの上、内容をよくお読みください。
  • 「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問い合わせください。