議決権行使の方針

1. 株主議決権行使の目的

鎌倉投信株式会社(以下、当社という)は、投資信託委託会社として、個人投資家であるお客様(受益者)の利益と健全で持続的な社会形成を目指し、株主議決権行使を行います。当社は、議案の判断にあたっては、社内で定めたガイドラインに照らして、判断を歪めることなく、議決権行使を通して社会全体の利益の増進に貢献することを目指します。

2.株主議決権行使に関する基本的考え方

鎌倉投信は、会社の株主総会議案に対して、個人投資家の利益と健全で持続的な社会形成が長期的に図られることを目的として、組み入れている会社にかかわる「全てのステークホルダーが幸せになれる」よう配慮した議決権の行使を行います。

3. 株主議決権行使の意思決定プロセス

議決権行使は議決権行使に関するガイドラインに照らし合わせ、資産運用部の運用担当が議案を精査検討し、投資政策委員会での審議を行った上で最終的に決定します。

当社では、投資政策委員会が、議決権行使指図に関する意思決定機関であり、当社の行う議決権の指図行使について責任を負います。また、ガイドラインの改訂を行う場合は、資産運用部が原案を作成し、投資政策委員会での審議を経て改訂を承認します。